キャッシュカードとは?特徴や種類、クレジットカードとの違いを解説

「キャッシュカード」という言葉はよく聞くけれど、「何をするカードだったかな?」「財布のカードのうち、どれがキャッシュカード?」という具合に、実はうろ覚えな人はけっこう多いのではないでしょうか。

この記事では「キャッシュカード」について、使う場面や使い方、作り方、特徴や種類などを解説しています。

似ていて紛らわしい、クレジットカードやデビットカードとの違いも、しっかりと把握できます。

銀行の窓口などで「キャッシュカード」「クレジットカード」「デビットカード」と言われたら、「どうしよう!分からない……」と焦ってしまう人は是非ご一読ください。

キャッシュカードとは?クレジットカードとの違いも解説

キャッシュカードとは、口座を作った人に対して銀行が発行するカードのことで、ATMから預け入れや引き出し、振込などが行えるカードです。

キャッシュカードの役割を簡単に表すと、「ATMで使える、通帳なしで預金の取り扱いができる便利なカード」といったところです。

もしキャッシュカードがなければ、自分の口座からの出金や、他の口座への振込には、通帳と印鑑、本人確認書類を持って銀行窓口へ行く必要があります。

キャッシュカードがあれば、暗証番号の入力が本人確認の代わりとなり、ATMでお金を引き出したり、振込したりできます。

手間や時間を節約できますし、ATMは銀行の窓口よりも幅広い時間帯や場所で営業しているので、キャッシュカードがあれば銀行口座を便利に活用できます。

クレジットカードやデビットカードとの違い

クレジットカードやデビットカードはどちらも、「買い物や支払い」をするためのカードです。

一方でキャッシュカードは、自分の口座のお金を取り扱うために発行されています。

キャッシュカードでは、クレジットやデビット機能が一体になっているものを除き、買い物をすることはできません。

クレジットカードデビットカード
用途買い物・通販・公共料金など買い物・通販・公共料金など

※クレジットカードしか使えない店舗・支払いも存在

支払いタイミング後払い即時払い
入会審査審査あり審査なし
ポイント・マイル

カードの種類や使い方次第でたくさん貯まる

還元率はクレジットカードより低め

キャッシュカードの種類

ATMで使うキャッシュカードは、クレジットカードやデビットカードとは全く目的が異なるカードです。

ですが、キャッシュカードの中には、デビットカードやクレジットカードの機能と一体化したものもあります。

キャッシュカードにはどんな種類があるのか説明していきます。

キャッシュカード

単に「キャッシュカード」と言えば、口座を作った人に対して銀行から発行されるカードのことを示します。

「ATMや銀行窓口で口座の預金を扱う機能」だけを持っているものが、キャッシュカードの基本形です。

銀行口座を利用するために使うカードなので、キャッシュカードは必ず銀行が発行しています。

お手元のカードがキャッシュカードであれば、「○○銀行」「○○バンク」など、発行している銀行名やロゴが分かりやすく書かれているはずです。

デビット一体型カード

キャッシュカードの中には、デビットカードの機能を持たせた、デビット一体型カードもあります

ATMの利用も、買い物などの支払いも、同じカード1枚で済ませることができます。

デビット一体型カードで買い物をする場合、銀行口座に代金を支払えるだけの残高をあらかじめ入金しておく必要があります。

ATMからお金を預け入れておいて、その後に同じカードで買い物をする、といった使い方ができます。

買い物をしたらすぐに、代金が銀行口座から引き落とされます。

クレジット一体型カード

クレジット一体型カードは、キャッシュカードにクレジットカードの機能を持たせたものです。

先ほどのデビット一体型カードと同じく、ATMの利用と、買い物などの支払いが1枚でできます。

大きな違いは、クレジット一体型カードは、買い物などの支払いが後払いであることです。

締め日までの1ヶ月分の合計利用額が、支払日にまとめて引き落とされることになります。

銀行口座に残高がなくても買い物ができますが、その後の支払日には利用額を引き落とせる残高が必要です。

カードで買い物をしてから、支払日までにATMで利用額分を預け入れる、といった使い方を1枚でできるのが、クレジット一体型のキャッシュカードです。

キャッシュカードの使い方

キャッシュカードがあれば、ATMから預金の入出金や振込、送金をすることができます。

キャッシュカードと暗証番号があれば利用でき、通帳や印鑑は持って行かなくて大丈夫です。

「ATM、使い慣れてないけど大丈夫かな……」という人のために、使い方を説明します。

使い方

①機械にカードを挿入する

まず、ATMのカードを挿入する部分にキャッシュカードを入れます。

この時、デビットやクレジット一体型のカードは、キャッシュカードとして使う場合と、デビットカードやクレジットカードとして使う場合では、挿入する向きが逆のことがあることに注意が必要です。

カードには「キャッシュカードのご利用」などと矢印とともに挿入向きが示されているので、良く確認しましょう。間違えても取り消しを押せばカードは返却されます。

②案内に従って、暗証番号を入力する

ATMを利用する時は、分かりやすく案内が表示されるので、それに従いましょう。

預け入れなどを除けば、取引をする前に暗証番号の入力を求められます。

番号を打ち間違えた場合は、訂正ボタンがあるので、そこを押して訂正します。

何回も間違うとキャッシュカードにロックがかかってしまい、解除のために窓口に行かなければならないので、しっかりと暗証番号を確認しておきましょう。

③預け入れ・引き出し等を行う

ATMの画面に「お引きだし」「お預け入れ」「お振り込み」「残高照会」などのボタンが表示されるので、目的の取引を選んでタッチします。

それから、預け入れならATMに現金を入れ、引き出しなら下ろしたい金額を入力すれば、取引ができます。

最後に、キャッシュカードと明細表を忘れずに受け取って帰りましょう。

使える場所

銀行ATM

どのATMでキャッシュカードが使えるかは、どの銀行のカードなのかによって決まります。

当然利用できるのは、口座やキャッシュカードを作った銀行のATMです。

また、他の銀行のATMであっても、ATMの利用において提携している銀行であれば利用が可能ですが、多くの場合、手数料を取られます。

詳しくは、銀行の窓口やウェブサイトで確認しましょう。

コンビニATM

キャッシュカードは銀行のATMだけでなく、コンビニに設置されたATMでも利用できます。

最近のコンビニATMはかなり多くの銀行に対応していますが、どの銀行のキャッシュカードでも必ず使えるわけではありません。

利用できる銀行のマークがATMの近くに一覧で表示されていたりするので、自分が利用している銀行のマークがあることを確認して使いましょう。

コンビニATMのウェブサイトからも確認できます。

キャッシュカードの作り方

キャッシュカードは、口座の預金などを管理するために使うカードなので、銀行口座とセットで作ることになります。

新しい銀行口座の開設とともにキャッシュカードを作る場合の手順を、順を追って説明していきます。

①申し込み

インターネットで口座開設

現在では、銀行の店舗を訪れなくても、パソコンやスマホを使い、インターネットで口座を開設できる銀行も増えました。

ネット銀行の他に、実店舗を構える銀行でも、インターネットからの口座開設を行っている場合があります。

キャッシュカードは、口座開設後に郵送で受け取ります。

店舗で口座開設

現在は、ほとんどの銀行がキャッシュカードの発行をしています。

銀行の実店舗の窓口で口座を開設すると、一緒にキャッシュカードが発行されます。

店舗を訪れて口座を開設すると、窓口ですぐキャッシュカードを渡してもらえることもありますが、後から郵送となる場合も多いです。

必要な持ち物

銀行窓口でキャッシュカードを作るために必要な持ち物は、口座開設に必要な持ち物と同じと考えて良いでしょう。

必要なものは、運転免許証やパスポートなど顔写真付きの本人確認書類、印鑑(シャチハタなどゴム印は不可)、そして口座開設時に最初に預け入れる現金といったところです。

詳しくは銀行によって異なるので、銀行のウェブサイトで口座開設についての情報を確認すると確実です。

②必要事項の記入

キャッシュカードを新規口座とともに作る際には、いくつか必要事項を記入する必要があります。

近年は口座を悪用する犯罪が多発しているため、銀行も昔に比べて厳しく情報を確認する傾向にあります。

具体的には、氏名や住所、電話番号、生年月日といった基本的な情報の他に、職業や口座開設の目的なども記入する必要があります。

また、窓口の担当者からも確認されますが、「キャッシュカードの発行を希望する」という項目にも、忘れずチェックを入れておきましょう。

③カードの受け取り

銀行で口座開設とともにキャッシュカードを発行した場合、即時発行してもらえる銀行を除けば、受け取るまでにある程度の期間が必要です。

必要な日数は、銀行や申込状況などで変わるため一概には言えませんが、到着まで1週間程度かかるケースが多いでしょう。

クレジットやデビット一体型のキャッシュカードを発行してもらう場合は、必要な日数が長くなる傾向があり、特に審査が必要となるクレジット一体型カードでは顕著です。

郵送時は、本人限定受取や簡易書留などのオプションで送られてきます。

本人限定受取郵便では、本人確認書類を提示して受け取る必要があります。

簡易書留なら、同じ住所の住人であれば本人でなくとも受け取れますが、不在の場合はポスト投函をしてもらえず、再配達となります。

キャッシュカードを持つ上での注意点

あると非常に便利なキャッシュカードですが、口座の預金を管理するカードであるため、取り扱いには注意しなければなりません。

犯罪の被害に遭ったり、カードが使えなくて困ったりしないために、キャッシュカードを持つ上で守りたい注意点を、いくつか紹介します。

キャッシュカードを他人に渡さない

当然のことですが、キャッシュカードを他人に渡してはいけません。

通帳や印鑑と同じように、しっかりと自分でキャッシュカードを管理することで、お金を盗まれる被害を防げます。

振り込みなどATMでの用事を、自分以外の誰かに頼みたいこともあるかもしれませんが、家族など本当に信頼ができる人だけにしましょう。

特に、犯罪者がお年寄りを狙って近づき、「キャッシュカードの有効期限が切れたから交換する」などと言ってキャッシュカードをだまし取る「カード手渡し型詐欺」も多いので、注意してください。

キャッシュカードの暗証番号を教えない

キャッシュカードそのものも重要ですが、暗証番号も同じく、絶対に人に教えてはいけません。

従来のように通帳を使って窓口でお金を下ろす場合、印鑑や運転免許証、パスポートなどで本人確認がなされます。

キャッシュカードでは本人確認書類を提示する必要はありませんが、登録した暗証番号の入力が本人確認の代わりになっています。

暗証番号が分からなければ、カードを落としたり盗まれたりしても現金は引き出せません。しかし、暗証番号とキャッシュカードがあれば、本人でなくともお金を引き出すことができてしまうのです。

暗証番号を書いたメモを財布などにしまっておく、他人に推測されやすい番号を使うといったことも、危険なのでやめましょう。

キャッシュカードの暗証番号を間違って入力しない

ATMで暗証番号を入力する際、一定回数間違えて入力すると、安全のためにロックがかかるようになっています。

ロックがかかると、手続きが済むまでキャッシュカードが利用できなくなってしまいます。

不便に感じるかもしれませんが、これがなければカードを盗んだ人や拾った人が、当たるまで何回も暗証番号を入力できてしまうため、どうしても必要な仕組みです。

万一、ロックがかかった場合、ネット銀行を除く多くの銀行では、窓口でロックの解除やキャッシュカードの再発行ができます。

使えなくなったキャッシュカードと通帳、印鑑、身分証を持って銀行の店舗へ行き、手続きをすることになります。

また、キャッシュカードにロックがかかっても、通常は口座自体が凍結されるわけではありません。

口座引き落としや、通帳による入出金などはできるので、慌てないようにしましょう。

キャッシュカードのICチップを破損させない

キャッシュカードには、金色で1cm四方ほどのICチップが埋め込まれているものがあります。

このICチップは磁石(磁気)には強いのですが、強い衝撃や摩擦、汚れ、静電気には弱く、破損して機械で読み取れなくなることがあります。

ICチップが埋め込まれているカードは見た目で判断できるので、お手元のカードにチップがあれば、衝撃や汚れに気をつけて扱いましょう。

もしICチップのない磁気タイプのカードであれば、磁石に近づけないよう注意が必要です。

キャッシュカードについてよくある質問

ATMで現金が下ろせるなどキャッシュカードですが、慣れないうちは分からないことばかりです。

キャッシュカードについて、多くの人が疑問を抱きがちな質問について、Q&A形式でまとめてみました。

キャッシュカードの支払い・引き落としはいつ?

キャッシュカードは、クレジットカードやデビットカードと異なり、買い物や料金の支払いをするカードではありません。

なので、支払いや引き落としといった仕組みはありません。

口座引き落としについては混乱しがちかもしれませんが、口座さえあれば登録できるのが口座引き落としです。

キャッシュカード自体とは関係がないので注意しましょう。

もちろん、即時払いのデビット一体型や、まとめて後払いのクレジット一体型で支払いをすれば、銀行口座からの引き落としがあるので気をつけてください。

キャッシュカードが使えないときはどうすれば良い?

キャッシュカードをATMに入れても読み込み不良で使えない場合は、カードのICチップや磁気テープに、何らかの不具合があると考えられます。

何回か試してもダメな場合は、銀行まで足を運び、キャッシュカードを新しくしてもらいましょう。

こればかりはカードの物理的な問題なので、その場ではどうすることもできません。

原因としては、カードの経年劣化や摩耗、ICチップの破損・汚損、磁気テープの磁気不良などが挙げられます。

キャッシュカードは丁寧に扱い、使えなくなるようなトラブルを最小限に防ぐことも重要です。

自分の口座に振り込んでもらうときは、何を教えれば良い?

自分の口座にお金を振り込んでもらう時は、通帳(ネット銀行であればログイン画面など)を手元に準備しましょう。

通帳に記載されている情報を相手に教えれば、振込をしてもらうことができます。

具体的には、金融機関(銀行)名、支店名、普通や当座などの預金種別、口座番号(通常は7桁)、そして口座名義です。

繰り返しになりますが、暗証番号は教えてはいけません。

自分の口座に振込をしてもらう時は、キャッシュカードは必要ありません。

キャッシュカードの再発行はできる?

キャッシュカードを紛失した時などは、銀行の窓口で再発行してもらうことができます。

その際は、通帳や印鑑、身分証などを持参しましょう。

紛失といった本人のミスによるものなど、理由によっては、再発行に手数料が必要になります。

また、キャッシュカードを落としてしまった場合など、他人に悪用される可能性がある時には、すぐに銀行に行くか、銀行に電話をしてキャッシュカードの利用を停止してもらうことも重要です。

キャッシュカードに有効期限はある?

キャッシュカードには、基本的に有効期限はありません。

一度作れば、不具合などが生じない限りは、半永久的に利用できます。

ただし、ICチップがついたキャッシュカードは、有効期限を設けている場合もあります。

有効期限が近づいてきたら、銀行から案内が送られてくるので、それに従って手続きをすれば新しいカードが届きます。

また、デビットやクレジット一体型のキャッシュカードは、カード会社側が定めた有効期限が記載されています。

こちらも、期限切れには気をつけましょう。

キャッシュカードって二枚作れる?

キャッシュカードは基本的に、ひとつの口座につき一枚しか作れません。

ですが、口座を夫婦で一緒に管理したい時など、「キャッシュカードが2枚あればいいのに」というケースもあります。

そんなときに便利なのが、「代理人カード」です。

代理人カードは、口座の名義人本人と生計を一にする親族に発行できる、キャッシュカードに準ずる機能を持ったカードです。

代理人カードを作成する時は、口座の名義人が銀行窓口を訪れる必要があります。

発行手数料が必要な場合が多いですが、キャッシュカードがもう一枚欲しい時に重宝するカードです。

キャッシュカードとクレジット・デビットカードとの違いを理解して、スマートに使おう

クレジットカードやデビットカードと異なり、キャッシュカードは銀行口座を開くと作ることができる、主にATMで使うためのカードです。

クレジットやデビットと一体型のキャッシュカードもあるので少しややこしいですが、違いを理解してキャッシュカードの機能と用途をしっかり把握しておくと、スマートに口座を管理できます。

慣れないうちは使うことに不安もありますが、慣れると必要不可欠になるのがキャッシュカードです。

この記事で紹介したことをしっかりと抑えて、手間と時間を節約してみませんか?