JCBとVISA、Mastercardはどれが良い?メリット・デメリットを徹底比較

クレジットカードを作る際、JCBやVISA、Mastercardなどのうち、どれにするか迷ったことはありませんか?

JCBやVISAなどの決済サービスは「国際ブランド」と呼ばれ、カードで買い物ができる仕組みを世界中に提供しています。

国際ブランドはそれぞれ特徴があり、使い勝手やイメージも大きく異なります。

この記事では、国際ブランドの違いを詳細にまとめています。自分の生活スタイルやクレジットカードの使い方に応じて、ぴったりの国際ブランドを選べるようになるので、ぜひチェックしてください。

JCBやVISAなどの国際ブランドとは一体なに?

JCBやVISAなどの「国際ブランド」とは、「クレジットカードの決済システムを世界中に提供している会社」のことです。

言い換えると、私たちがクレジットカードで買い物をする際、国際ブランドはその代金を一時的に立て替え、支払月に私たちに請求しています。

後払いで買い物できるのは、国際ブランドの信頼を前提に成り立っています。信用があるからこそ、多くの店が加盟し、決済手段として認められているのです。

このように、国際ブランドの信頼に基づいているのがクレジットカードであり、店舗や国・地域が異なれば、利用できる国際ブランドが違うこともあります。

各国際ブランドの特徴を徹底比較!おすすめのクレジットカードも紹介

クレジットカードには代表的な国際ブランドがいくつかあり、それぞれ特徴があります。

ここからは、各国際ブランドの特徴と、おすすめのクレジットカードを紹介します。

カードや国際ブランド選びに迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

VISA

特徴

VISAはクレジットカード決済における圧倒的な世界シェアで、取引件数や売上高で世界一を誇ります。

非常に普及している国際ブランドであるため、世界中の多くの国や店舗で使えることが、VISAを選ぶ大きなメリットです。

VISAと提携するカード会社は多く、様々なクレジットカードが発行されているため、たくさんの選択肢から自分にあったカードを選べます。

「とりあえず1枚だけ」との気持ちでクレジットカードを作るなら、VISAのカードを選ぶのは賢い選択です。

VISAブランドのおすすめカード

三井住友VISAカード

VISAのカードでまずオススメなのは、「三井住友VISAカード」です。SMBCグループの三井住友カードが発行しており、「銀行系カード」に分類されます。

三井住友VISAカードの強みは、セキュリティ対策が充実していることです。24時間体制で不正利用を監視し、万一不正利用の被害を確認したら、盗難補償が適用されます。

数種類あるカードの中でも定番の「三井住友VISAクラシックカード」なら、前年に1回以上の利用があれば、年会費1,250円(税抜き)が無料になります。

ポイント還元率は通常0.5%と高くはないものの、クレジットカードに安心感を求めたい人には、うってつけの一枚です。

エポスカード

エポスカード

たくさんの特典がついたVISAのカードをお探しなら、丸井グループのカード会社発行の「エポスカード」(年会費無料)があります。

提携する飲食店やカラオケチェーンなどで割引が受けられたり、海外旅行傷害保険がついていたりと、様々な特典があります。

楽天EdyやモバイルSuicaなどの電子マネーのチャージでもポイントが貯まり、電子マネー利用時との「ポイントの二重取り」も可能です。

通常のポイント還元率は0.5%ですが、年会費無料なのに日常の様々なシーンでお得な経験ができるので、作っておいて損はありません。

JCB

特徴

「JCB」(ジェーシービー)は、ほぼアメリカ企業が占めている国際ブランド業界において、日本発祥の唯一の国際ブランドです。海外では「サムライカード」の異名もあります。

JCBは以前、海外利用が弱点と言われたものの、近年は海外にも力を入れ、日本人の多い観光地であれば、使えずに困る事態は少なくなっています。

日本企業であるJCBは、手厚い顧客サポートが特徴です。そんなJCBのメリットを最大限受けるには、プロパーカードを持つとよいでしょう。

プロパーカードとは、国際ブランドの会社が他のカード会社と提携せず、自社で発行するクレジットカードのことです。

プロパーカードはステータス性が高く、サービスも充実している傾向があります。

JCBブランドのおすすめカード

JCB CARD W/JCB CARD W plus L

JCB CARD WJCB CARD W plusL

JCBのプロパーカードの「JCB CARD W」は、年会費無料ながら1%という高いポイント還元率を誇ります。

JCB CARD Wの「W」とは、ポイントが「ダブル」でもらえることを指し、JCBの通常のカードに比べて2倍のポイントがもらえます。

JCBの提携店舗では還元率がより高まり、セブンイレブンやAmazonではポイント還元率2%になります。

審査は比較的甘く、安定した収入さえあれば通りやすいと評判です。ただし、申し込めるのは39歳までと、年齢制限があることには注意してください。

女性向けのサービスや割引を受けられる「JCB CARD W plus L」もあります。

JCBゴールドカード

JCBゴールドカード

JCBのプロパーカードのうち、安心と充実したサービス内容を求める人におすすめの1枚が「JCBゴールドカード」です。

年会費は税抜1万円(初年度は無料)かかりますが、年会費に見合った充実のサービスが魅力です。

旅行傷害保険(最高海外1億円・国内5千万円)や、空港ラウンジサービスなど、旅行の際に嬉しい特典が付いています。

グルメ優待サービスでは、全国各地の提携飲食店で20%の割引を受けられます。

外食や旅行を思う存分楽しみたいのであれば、ぜひ検討してほしいカードです。

Mastercard

特徴

「Mastercard」(マスターカード)は、VISAに次ぐ世界第2位の決済額を誇る国際ブランドです。

Mastercardを利用できる店舗数はVISAとほぼ同数で、世界中で使えます。海外旅行で使うクレジットカードとしても安心できます。

国内のコストコでは、クレジットカードはMastercardしか使えません。コストコをよく利用する人は、持っておきたい国際ブランドです。

MastercardはVISAと同じく、自社でカードを発行しておらず、カード会社と提携することでクレジットカードを発行しています。

Mastercardブランドのおすすめカード

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

「Orico Card THE POINT」(オリコカード・ザ・ポイント)は、たくさんポイントを貯めたい人に魅力的なカードです。特に、Amazonの利用者におすすめです。

年会費無料なのに通常のポイント還元率は1%と高め、さらにAmazonで買い物すると還元率が2%に上がります。他にも、楽天市場をはじめ、多くの店舗で1.5%のポイント還元が受けられます。

貯まったポイントはAmazonギフトカードに交換できます。Amazonユーザーであれば、大きなメリットが受けられるカードです。

Yahoo! JAPANカード

年会費無料で通販に強いカードが、「Yahoo! JAPANカード」です。還元率は1%で、Tポイントが付与されます。

通販サイトのYahoo! ショッピングやLOHACOの利用では、2%のTポイントと、1%のPayPayボーナスライト(有効期限60日間)が貯まります。

合計で3%ものポイント還元を受けられ、お得にネットショッピングができます。

nanacoやSuicaなど、電子マネーのチャージがポイント付与の対象になることも、Yahoo! JAPANカードの大きなメリットです。

銀聯(ぎんれん)カード

特徴

中国銀聯が発行する「銀聯(ぎんれん)カード」は、中国で高いシェアの国際ブランドです。

中国では銀聯カードしか使えない店も多いほどで、中国へ行く機会が多ければ、銀聯カードを作っておくと便利です。

中国では、銀行口座開設の際、銀聯ブランドがついたデビット一体型のキャッシュカードが発行されます。中国の人口数の影響もあり、銀聯カードは累計70億枚以上の発行数を誇ります。

日本でも一部のカード会社が銀聯カードを発行していますが、国内利用にはあまり向いていません。

アメックス

特徴

「アメックス」こと、アメリカン・エキスプレスはステータス性の高さに定評がある国際ブランドです。

プロパーカードの他に他のカード会社とも提携して発行しており、「アメックス」の国際ブランドがついた楽天カードなどもあります。

ただし、高いステータスを求めるなら、アメックスが自社で発行するプロパーカードを持つのがベストでしょう。

アメリカン・エキスプレスが自ら入会審査を行うため、カードを持っているだけでも相当の信頼につながります。

アメックスブランドのおすすめカード

アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスグリーン

「アメリカン・エキスプレス・カード」は、アメックスが自社で発行するカードの中で一番ベーシックなグレードで、カードの色から通称「アメックス・グリーン」とも呼ばれます。

年会費は税抜12,000円で、ステータス性の高さがうかがえます。ただし、入会条件はそこまで厳しくなく、大きな目安として正社員で3年程度の勤務歴があれば、審査をパスできる可能性があります。

ポイント還元率は0.3~1%です。支払いへの充当や、楽天スーパーポイント・Tポイントへの交換では、還元率0.3%と高くありません。

そこで、年会費税抜3,000円の「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入した上で、換算レートの高いマイルに交換すれば、還元率を1%にまで上げられます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は年会費が税抜29,000円と、他社のゴールドカードより高めに設定されています。

その分、ステータスの高さや充実した付帯サービスなど、他のゴールドカードを圧倒するスペックがあり、一般的なプラチナカード相当と評価されることも多いです。

世界の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」の会員資格付帯や、最高1億円の海外旅行傷害保険をはじめ、充実したサービスを受けられ、特別感を味わえるカードです。

ダイナースクラブ

特徴

「ダイナースクラブ」は、古い歴史を持つ伝統ある国際ブランドです。ある程度の高い収入がなければ審査に通ることは難しく、高いステータス性が特徴です。

「高ステータスのクレジットカード」としてアメックスを連想する人は多いですが、ダイナースクラブは、アメックスと同等かそれ以上と言われ、ダイナースクラブは「持っているだけで一目置かれる」国際ブランドです。

ダイナースクラブブランドのおすすめカード

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

最初に紹介するダイナースクラブのカードは、その名も「ダイナースクラブカード」です。ダイナースクラブカードには、他社のプラチナカードに相当するサービスが付属しています。

具体的には、最高1億円の国内・国外旅行傷害保険や、空港ラウンジ利用サービスなど、高いステータスにふさわしい様々な特典を受けられます。

利用金額に一律の制限がないことも、ダイナースクラブカードの大きな特徴です。利用限度額が存在しないのではなく、利用状況に応じて限度額が変動するのです。

入会審査は厳しく、年齢が27歳以上かつ、年収が500万円以上といった条件を満たさなければ、発行は難しいでしょう。

年会費は税抜22,000円と高めですが、ポイントのマイルへの交換では実質1%の還元を受けられます。

ダイナースクラブ・プレミアムカード

「ダイナースクラブ・プレミアムカード」は、ダイナースクラブのブラックカードに相当するカードです。年会費は税抜13万円と高額です。

このカードは、自ら申し込むことはできず、インビテーション(招待)を受けた人しか発行してもらえません。

インビテーションを受けるには、通常のダイナースクラブカードで利用履歴を積み重ねるほか、銀行口座残高が5千万円以上などの条件も必要だと言われています。

非常に高いポイント還元率も特徴の一つで、通常2%のポイントが還元されます(光熱費などは例外)。特典も充実しており、24時間365日対応のコンシェルジュサービスも付属します。

ディスカバーカード

特徴

ディスカバーカードは、日本ではあまり馴染みがない国際ブランドであり、名前を耳にしたことがない人も多いでしょう。

ディスカバーカードは、日本国内では発行されていないので、日本に住んでいる人は通常、ディスカバーカードを持つことはできません。

ただし、れっきとした国際ブランドで、日本ではJCBと相互開放しており、JCBの加盟店なら基本的にディスカバーカードも使えます。

ディスカバーカードは、本国アメリカを中心にシェアを伸ばしているものの、比較的新しい国際ブランドです。いつか日本でも発行できる日がくるかもしれません。

デビットカードでは、VISAとJCBどっちがおすすめ?

日本で発行される国際ブランド付きのデビットカードは、VISAかJCBがほとんどです。どちらがよいと一概には言えず、用途にあった国際ブランドを選ぶと良いでしょう。

JCBなら、海外旅行傷害保険が付帯しているデビットカードも多いです。例えば、三菱UFJ銀行やみずほ銀行のJCBデビットカードがこれに該当します。

一方、日本人の多い観光地に限らず、いろいろな国で使いたい場合には、より広く普及しているVISAのデビットカードを選ぶと安心です。

国内での買い物や生活費の支払いが中心であれば、VISAとJCBのどちらでも困ることは少ないでしょう。その場合、年会費の有無やポイント還元率が重要です。

発行元の銀行によって年会費やポイント還元率は異なり、VISAもJCBもある楽天銀行のデビットカードは、年会費無料で還元率が1%と好条件です。

JCBとVISAはどっちが良い?国際ブランドごとのおすすめな人!

カードを作る際、JCBとVISAのどちらが有利なのでしょうか。

各国際ブランドで一長一短があるので、「どれがいい」という答えはありません。自分の使い方や目的にマッチしたものを選びましょう。

ここからは、目的別に「どの国際ブランドを選ぶのがベストか」を解説していきます。

「お店によってカードが使えない!」ということがないようにしたい

どのお店でも使えるクレジットカードを持つなら、VISAをはじめ、MastercardやJCBなど、加盟店の多い国際ブランドを選ぶことが重要です。

VISAとMastercardは世界を代表する「2大国際ブランド」で、いずれも国内でも加盟店が非常に多いです。ちなみに、VISAの方がシェアは高いです。

日本発国際ブランドのJCBは、国内では古くから加盟店が多いです。ただし、近年は日本国内でも、VISAにシェアを逆転されています。

より多くのお店で使うなら「VISA」を選ぶ方が確実です。

海外旅行中に利用したい!

海外旅行で利用するなら、世界的に加盟店が多い2大国際ブランドのVISAかMastercardがおすすめです。

VISAはカード決済のシェアで世界1位を誇るため、海外旅行で使うカードとして非常に心強い存在です。

Mastercardも世界の加盟店数でVISAに引けを取りません。特に、VISAより早くから普及してきたヨーロッパ圏では、Mastercardが便利です。

ただし、2大国際ブランドでも「どの国でも使える」とは限らず、中国のように使えないこともあります。

国内での利用がほとんど

国内利用がほとんどであれば、2大国際ブランドのVISAやMastercardに限らず、JCBやアメックス、ダイナースクラブを含めた5つの国際ブランドから、好みで選んでよいでしょう。

JCB、アメックス、ダイナースクラブは、国内で加盟店の相互開放をしており、JCBの加盟店でアメックスやダイナースクラブのカードが使えるなどします。

このため国内利用なら、どの国際ブランドを選んでも使えなくて困ることはあまりありません。特典や還元率、ブランドイメージなどを重視して、比較的自由に選べます。

中国で利用することがある

中国で利用するのであれば、銀聯(ぎんれん)カードがあると安心です。中国のカード事情は独特で、VISAなどの有名な国際ブランドでも使えないケースが多々あるためです。

銀聯は中国発の国際ブランドで、日本でカードを発行している会社は限られています。

日本のカード会社で銀聯カードを作る際は、三井住友銀聯カード、MUFG銀聯カード、ANA銀聯カードなどが主な選択肢です。

日本国内で使うメリットはありませんが、中国に行く機会が多い人は、銀聯カードを作っておくと重宝します。

JCB・VISAなど国際ブランドについてよくある質問

JCBやVISAなどの国際ブランドはロゴマークを目にする機会は多いものの、具体的なサービス内容は分かりにくい部分もあります。

ここからは、国際ブランドに関するよくある質問に答えていきます。知っておくと役立つことも多いので、ぜひ参考にしてください。

Q. JCBやVISAなどの国際ブランドは変更できる?

「JCBをVISAに変更する」といった具合に、国際ブランドの変更は可能です。ただし、カード会社で変更を受け付けてないカードもあるので気をつけましょう。

変更方法は、カード会社の問い合わせ窓口にその旨を連絡するだけです。

ただ、国際ブランドの変更時は新たに審査が行われます。以前より信用力が落ちていれば、国際ブランドの変更どころか、これまでのカード自体が使えなくなる事態もあり得ます。

変更後はカード番号などが新しくなるため、支払登録していたクレジットカード情報を再登録する必要があるため注意しましょう。

Q. JCB・VISA・Mastercardの3枚を持つのはどう?

JCB、VISA、Mastercardと異なる国際ブランドのクレジットカードをそれぞれ発行すれば、特徴に合わせて使い分けできます。

例えば、普段の支払いはサービスが充実したJCBのカードを、JCBが使えない時や海外旅行時はVISAやMastercardを使う、などが考えられます。

「VISAとMastercardはどちらか片方でいいのでは?」との意見もありますが、一方が使えないお店や、1枚を紛失した時のことなどを考えると、両方あると安心です。

一方、カードが複数あると、それぞれのカードの使用金額を把握しにくくなるので気をつけましょう。あらかじめ、カードごとに用途を決めておくことがおすすめです。

Q. JCBやVISAなどの国際ブランドによって、審査基準は違う?

国際ブランドが違っても、審査基準に大きな違いはありません。カードの入会審査は国際ブランドの会社ではなく、カード会社が行うものだからです。

「クレジットカードの審査に通るか不安」という人は、申し込むカード会社・種類を慎重に選ぶ必要がありますが、国際ブランドは無難なものを選べば大丈夫です。

特にこだわりがない場合は、VISAやMastercardなど、国際シェアの大きなブランドを選んでおきましょう。

Q. VISA・JCBの商品券やギフトカードには、どんなものがある?

VISAとJCBは、クレジットカードの決済だけでなく、商品券・ギフトカードの発行も手がけています。

VISAのギフトカードを入手する際は、提携するカード会社から購入してください。例えば、三井住友カードが発行する「VJAギフトカード」は、全国50万店以上の取扱店で利用できます。

一方、JCBは自社で「JCBギフトカード」を発行しており、直接購入できます。取扱店は全国100万店以上で、店舗数ではVJAギフトカードを上回っています。

これらのギフトカードは、全国各地の取扱店で使えて便利なため、お礼の品や贈答品として人気を集めています。

JCB・VISAの違いを理解して、上手に利用しよう

この記事では、JCBやVISAをはじめとする様々な国際ブランドについて、特徴やメリット・デメリットを比較し、シチュエーションごとの選び方などを説明してきました。

VisaとMastercardは両方とも世界の多くの国で使え、メリットの多い国際ブランドです。

JCBは日本国内の多くの店舗で利用でき、サービス内容が充実したプロパーカードを発行しています。ただし、海外では使えないケースもあります。

その他にも、ステータスを重視する人向けにはアメックスやダイナースクラブもあり、使うシーンやサービス内容によって適した国際ブランドを選ぶと良いでしょう。