楽天カードは作るべき?9つのメリットと使用時の注意点まとめ

楽天カード

楽天カードは会員数1,700万人(2019年(平成31年3月現在)を誇る、日本で最も人気の高いクレジットカードです。

この記事では、楽天カードを作ろうか迷っている方向けに、楽天カードの基本情報からメリット・デメリットまでを徹底解説します。

楽天カード・9のメリットまとめ!ポイント還元率や審査の通りやすさは?

楽天カードを作るかどうか迷っている人は、楽天カードのポイント還元率や審査の通りやすさなどが気になりますが、楽天カードには数多くのメリットがあります。

ここでは、楽天カードのメリットを9つ紹介します。

楽天カードのメリット① 年会費は永年無料

楽天カードの大きなメリットとして、年会費が永年無料であることが挙げられます。クレジットカードの多くは年会費が有料であり、カードの種類に応じて年間1,000円~10,000円以上の年会費がかかります。

クレジットカードを発行する際の特典として、初年度だけ年会費を無料にしている場合もありますが、楽天カードは2年目も3年目も永久的に年会費は無料です。年会費が永年無料の楽天カードは、とりあえずクレジットカードを作っておきたい場合などに最適です。

ゴールドカードの年会費と特典は?

楽天カードゴールドカード

楽天カードにはゴールドカードもあり、楽天カードのゴールドカードは「楽天ゴールドカード」と呼ばれています。楽天ゴールドカードの年会費は2,000円+税ですが、いろいろな特典が付いてきます。

楽天ゴールドカードの特典として、楽天市場のポイント還元率が5%以上になり、国内主要空港のラウンジを無料で利用できるようになります。

楽天カードのメリット② 申し込みが簡単

クレジットカードを作る時には、免許証のコピーや印鑑などが必要でとても面倒ですが、楽天カードを作る際には免許証のコピーや印鑑などは一切不要で、スマホやパソコンの申し込みフォームに必要事項を記入するだけで簡単に申し込むことができます。

申し込んでから約1週間で、郵便局の本人限定受取郵便や簡易書留、佐川急便の受取人確認サポートなどでカードが届きますので、その際に免許証などの本人確認書類を配達員に提示します。

楽天カードのメリット③ 審査に通りやすく審査期間も短い

楽天カード審査期間

クレジットカードを発行する際には審査が行われ、審査基準はカード会社によって違いがあります。カード会社によって審査が厳しかったり甘かったりするわけですが、審査の内容は機密事項ですので、どのような審査が行われているのかは外部の者にはわかりません。

クレジットカードの審査基準は、申し込んだ人の口コミが一番参考になりますが、楽天カードを申し込んだ人の口コミは、楽天カードは審査に通りやすく、審査期間も短いというものが多いです。

楽天カードの審査に通った人の口コミ

私が楽天カードを作った時には、クレヒスに完済済みの異動情報・現在進行形で異動情報がありましたが審査を通過しました。審査はかなり甘いのではないでしょうか。

楽天カードのメリット④ 100円につき1円相当のポイントが貯まる

楽天カードでショッピングをすると、100円につき1円相当のポイントが貯まり、貯まったポイントは楽天市場での買い物や楽天モバイルの通話料などに使用することができます。

楽天カードのポイント還元率は、楽天市場での買い物だと1%以上になり、最大で15%になります。楽天カードは楽天市場でショッピングをする機会が多い人には特にメリットが大きく、楽天市場をよく利用する人は、楽天カードを作っておくことを強くおすすめします。

楽天カードのメリット⑤ 新規発行で高額ポイントがもらえる

楽天カードを新規発行する際は、5,000ポイント(5,000円に相当)以上のポイントがもらえます。

新規発行で付与されるポイントは基本的に5,000ポイントですが、楽天カードは定期的にキャンペーンを行っており、7,000ポイントや8,000ポイントの高額ポイントが付与されることがあります。

夫婦や親子で楽天カードを2枚新規発行すると、最大で16,000ポイントももらえますので、非常にお得です。楽天カードは入会費や年会費は無料ですので、カードを作っても損をすることはありません。

楽天カードのメリット⑥ 電子マネーEdyが使用できる

楽天グループには「楽天Edy」という電子マネーのサービスがありますが、楽天カードにはEdy機能が付いており、楽天Edyを使って決済をすることができます。

楽天Edyを利用する際は、店員にカードを渡さずに、端末にカードをかざすだけで決済することができますので、クレジットカードを店員に渡すことに抵抗がある人でも安心して利用できます。

また、楽天Edyで支払うと200円につき1ポイント貯まり、楽天Edyが使えるおサイフケータイにチャージする際も、チャージするだけで200円につき1ポイント貯まります。

楽天カードのメリット⑦ 券面デザインが豊富

楽天カード券面デザイン

楽天カードは券面デザインが豊富で、豊富なデザインの中から好みのものを選んで発行することができます。令和元年9月現在、楽天カードの券面デザインは10種類あり、楽天PINKカードは3種類、楽天ANAマイレージクラブカードは2種類あります。

楽天カードのデザインはオーソドックスな通常デザインやヴィッセル神戸デザイン 、YOSHIKIデザイン、ディズニー・デザインなどがあり、楽天市場のイメージキャラクターである「お買いものパンダデザイン」の人気が最も高いです。

楽天カードのメリット⑧ ポイントの使い道が豊富

楽天カードの利用でもらえるポイントは「楽天スーパーポイント」であり、楽天スーパーポイントは楽天市場での買い物だけでなく、いろいろな使い道があります。

楽天証券の口座を開設すると、貯まったポイントで投資信託などの金融商品を購入でき、資産運用をすることができます。フリマアプリの「ラクマ」での支払いや楽天トラベルの旅行代の支払いなど、使い道は非常に豊富です。

楽天グループはいろいろなサービスを展開しており、楽天スーパーポイントは楽天グループのほとんどのサービスで利用できます。

楽天カードのメリット⑨ 利用明細をアプリなどですぐに知らせてくれる

クレジットカードを所有すると、使い過ぎを心配する人がいますが、楽天カードの利用明細はアプリなどで確認することができ、使い過ぎを防げます。楽天カードアプリは指紋認証ログイン機能が付いており、セキュリティは万全です。

楽天カードアプリは利用明細を確認できるだけでなく、家計簿の機能も搭載しています。楽天カード以外の支出は手入力やレシートを撮影して入力することができ、全ての支出を楽天カードアプリで一元管理することができます。

楽天カードのデメリットと対処法

クレジットカードを作る際はメリットだけでなく、デメリットについても知っておくことが必要です。

ここでは、楽天カードのデメリットを説明したうえで、楽天カードのデメリットを克服するための対処法も合わせて解説します。

ステータスが低い

楽天カードは審査が甘いという評判もあり、クレジットカードの中ではステータスは低いです。誰でも持てるということは楽天カードの大きなメリットですが、その裏返しとしてステータスは低くなります。

ステータスが低いことの対処法として、楽天ゴールドカードを発行するという方法があります。楽天カードは年会費無料であるのに対して、楽天ゴールドカードは2,000円+税の年会費が必要になりますが、ゴールドカードを所有することで社会的なステータスはアップします。

広告メールが大量に送られてくる

楽天カードを作ると、楽天から大量の広告メールが送られてきますので、迷惑メールだと嫌がる人も存在します。

広告メールへの対処法は、楽天e-NAVIにログインして、お客様情報の中の「メール配信の登録・停止」をクリックすると、広告メールの配信を停止することができます。この操作をするだけで、広告メールが大量に送られてくるというデメリットを解消できます。

広告メールの配信を停止しても、重要な案内はメールで届きますので、不利益を被ることは一切ありません。

ETCカードは年会費がかかる

楽天カードを作ると、有料道路の料金所に止まらずに通行料金を支払える楽天ETCカードも作ることができます。しかし、楽天ETCカードは無料で作ることはできず、年額500円+税の年会費がかかります。

これの対処法として、楽天市場の会員ステータスがプラチナ会員・ダイヤモンド会員になると楽天ETCカードの年会費が無料になります。プラチナ会員やダイヤモンド会員になるには、楽天のサービスをたくさん利用することが必要です。

楽天ETCカードにこだわらなければ、年会費が無料のETCカードは他にもありますので、そういったETCカードを作れば年会費は無料になります。

コールセンターが有料でかなり繋がりにくい

楽天カードのことで問い合わせがある場合は、コールセンターに電話をすると、オペレーターが対応してくれますが、コールセンターへの通話はフリーダイヤルではなく有料で、かなり繋がりにくいという悪評があります。

楽天カードは比較的簡単に作れるため利用者が多く、利用者が多いとコールセンターに電話をかける人も多くなりますので、電話が繋がりにくいのは仕方がない一面もあります。通話料が有料なのは、年会費を無料にするためのコスト削減の一環であるため、これも致し方ありません。

これの対処法として、朝の9時30分~10時と昼の12時~13時の時間帯は電話が混雑して繋がりにくいですが、15時以降に電話をすると繋がりやすくなります。

もらえるポイントのほとんどが期間限定

楽天カードを新規発行したり、発行したカードを利用するとポイントがもらえますが、もらえるポイントは期間限定ポイントであることに不満を持つ人も存在します。これに対処するには、期限が切れる前に利用するしかありません。

付与されたポイントの期限は楽天PointClubで確認することができ、1ヶ月以内に期限が切れる期間限定ポイントがある場合は、わかりやすく表示されます。日頃から楽天PointClubをチェックしておくことで、ポイントの期限切れを防げます。

海外旅行保険はクレジットカードを旅行中に利用することで付帯される

楽天カード海外旅行保険

楽天カードには海外旅行保険が付帯されていますが、海外旅行をするだけでは自動的に付帯されず、海外旅行の飛行機代やツアー料金などを楽天カードで支払わなければ、海外旅行保険は付帯されません。

これの対処法として、楽天カードの利用は海外旅行代金の一部でもよいので、空港までのタクシー代や電車賃を楽天カードで支払うようにすると、海外旅行保険が付帯されます。それだけで、最高2,000万円の補償が受けられるようになります。

海外でキャッシングすると自動でリボ払いになってしまう

楽天カードの悪評のひとつに、海外でキャッシングをすると自動的にリボ払いになるというものがありますが、これは2017年(平成29年)10月以前の話であり、2017年11月1日以降は海外でキャッシングをしても、自動的にリボ払いになるようなことはありません。

現在は海外で楽天カードを使ってキャッシングをした場合、全て1回払いでの返済になりますので、安心して海外でキャッシングをすることができます。

楽天カードのお得な申し込み方法を解説!

楽天カードを申し込む際にはお得な方法があり、これを知っておきますと、最大で3,000円分お得になります。

ここでは、楽天カードのお得な申し込み方法を解説し、申し込んでからカードが手元に届くまでの期間の目安も合わせて説明します。

申込方法

楽天カードを新規申し込みをすると、5,000円~8,000円分の入会ポイントがもらえますが、通常は5,000円分のポイントで、キャンペーン時には最大で8,000円分のポイントにアップします。

なお、キャンペーンはいつ開催するかわかりませんので、日頃からチェックしておくことが必要です。

申込~到着までの目安期間

楽天カードを申し込んで、手元に届くまでには約1週間かかります。

最短3営業日で届いたという口コミや約10日かかったという口コミもあり、住んでいる地域などによって到着までの日数が変わるようです。

楽天カードはポイントの使い道が多いお得なカード!

楽天カードはおすすめ

楽天カードの人気が高い理由は、付与される楽天スーパーポイントの使い道が多く、とてもお得だからです。

付与される楽天スーパーポイントは、楽天市場での買い物だけでなく、楽天カードの月々の利用代金や楽天モバイルの通話料、楽天トラベルの旅行代など、楽天グループのサービスの支払いに使用できます。

マクドナルドやコスモ石油、すき家、サンドラッグなど、楽天スーパーポイントを使用できる店は街中に数多くあり、普段の買い物もお得になります。

このように、使い道が多い楽天スーパーポイントがよく貯まる楽天カードは、とてもお得なクレジットカードです。