楽天カードは無職でも作れる?審査に通るコツ3つ

無職の人はクレジットカードを作れないとあきらめていませんか?

多くのクレジットカードの申し込み条件には「安定した収入がある方」と書かれていますので、無職だとクレジットカードを作れないと思ってしまうのは当然ですね。

しかし、あきらめるのは早いです。実は、楽天カードなら無職の人でもカードを作れる可能性があるのです。

この記事では、無職の人でも楽天カードを作れる可能性があることを明らかにします。

楽天カードは無職でも作れる?審査に落ちる人・落ちない人の違いとは

楽天カードは18歳以上(高校生を除く)であれば誰でも作ることができ、無職の人でも審査に通る可能性があります。

ここでは、無職の人が楽天カードの審査に通るケースと、審査に通らないケースについて説明します。

楽天カードの審査に通るケース①世帯収入がある主婦

家事や子育てに専念している専業主婦は収入が0円なので、クレジットカードの審査では無職の扱いを受けますが、専業主婦でも一定の世帯収入があれば、楽天カードの審査に通ります。

世帯収入とは、その世帯全体の収入ですので、専業主婦の場合は一般的にご主人の収入が世帯収入になります。ですので、ご主人に一定の収入があれば、専業主婦でも楽天カードを作ることが可能です。

審査に通る世帯収入の金額ははっきりとはわかりませんが、世帯年収が300万円以上あれば、審査に通る可能性は極めて高いです。世帯年収が300万円未満でも審査に通る可能性はありますので、まずは申し込んでみることをおすすめします。

パートで働いている兼業主婦は、年収がいわゆる「103万円の壁」を超えないように調整しながら働いているケースが多いですが、この場合でも、奥様とご主人の収入を合わせた世帯年収が300万円以上あれば、楽天カードを作ることは十分に可能です。

楽天カードの審査に通るケース②世帯収入がある学生

楽天カードは高校生が申し込むことはできませんが、18歳以上の大学生や大学院生、専門学校生は申し込むことができます。

学生の本業は学校に通って勉強をすることですので、アルバイトをしていても収入は少ないですが、世帯収入があれば学生でも楽天カードを作ることは可能です。

学生に収入がなくても、親に一定の収入があれば審査に通ります。

親と同居している学生は、親に一定の収入があれば問題なく審査に通りますが、親元を離れて一人暮らしをしている学生は、住民票を移しておらず、親元の住所のままになっていれば大丈夫です。

しかし、住民票を親元の住所から移している場合は、審査に通らない可能性が高いです。一人暮らしをしている学生は、住民票の住所が審査に通るか通らないかを決定することになります。

なお、学生が楽天カードを作った場合、クレジットカードの利用限度額は最高10万円までに設定されますので、この点には注意が必要です。

楽天カードの審査に通らないケース

無職であっても、300万円以上の預貯金があれば、審査に通る可能性は高いです。100万円~300万円未満の預貯金でも審査に通る可能性はあります。

また、無職でも、年金受給者や家賃収入などで一定の収入があれば審査に通ります。そのため、70代や80代の無職の方でも、楽天カードを作ることは可能です。

このように、無職であっても楽天カードを作ることは可能ですが、審査に通らないケースも存在します。

審査に通らないケースとして、収入が全くないニートの方や生活保護受給者、失業していて失業保険金を受給している方などが挙げられます。

家事手伝いの方は微妙ですが、一定の世帯年収があれば、審査に通る可能性はあります。

無職以外で審査に通らないケースとして、いわゆる「ブラックリスト」に載っている方は、審査に通るのは難しいです。また、短期間に複数のクレジットカードを申し込んだ「申し込みブラック」の方も、審査に落ちてしまいます。

作り方のコツ① 世帯主の勤務先名はしっかりと記入する

無職の方が楽天カードを作る場合は、世帯年収が重視されますので、世帯主の勤務先名や勤続年数などはしっかりと記入することが必要です。

楽天カードの審査ではスコアリングが行われ、勤務先によってスコアリングの点数が違ってきます。世帯主が国家公務員や地方公務員、一部上場企業に勤務している場合は、スコアリングで高い点数が付きますので、審査は圧倒的に有利になります。

その他の注意点として、世帯年収は世帯主の収入だけでなく、同一の生計で暮らしている家族全員の収入になります。共働きの家庭で暮らしている学生が楽天カードを申し込む際には、お父さんとお母さんの両方の収入を合わせた金額が世帯年収になります。

アルバイトをしている学生は、自分のアルバイト代も世帯年収に含まれますので、自分のアルバイト代も世帯年収に含めて申告するようにしてください。そうすることによって世帯年収が増加し、審査に通りやすくなります。

作り方のコツ② キャッシング枠を希望しない

楽天カードはショッピングの支払いに利用できるだけでなく、カードを使ってキャッシングをすることもできます。クレジットカードのキャッシングは消費者金融のキャッシングと同じで、クレジットカード会社からお金を借りることになります。

無職で審査に通るか不安な場合は、楽天カードのキャッシング枠を希望しないようにすると、審査に通りやすくなります。

キャッシング枠を希望すると審査の項目が増えるため、審査は少し厳しくなります。無職で審査に通るか不安な方は、より審査に通りやすくするために、キャッシング枠を希望しないのが無難です。

特に短い期間に複数のクレジットカードに申し込んだ人は、キャッシング枠を希望すると、借金の返済を目的に楽天カードを作るのではないかと疑われてしまうため、キャッシング枠を希望すると審査に通らない可能性があります。

なお、普段の買い物で楽天カードを使うだけであれば、キャッシング枠がなくても全く問題ありません。

作り方のコツ③ 固定電話の番号を入力する

楽天カードを申し込む際には、連絡先の電話番号を記入することが必要になります。

楽天カードを発行する際の審査では、電話番号も審査の対象になり、固定電話が家にあると、スコアリングの点数が高くなります。

なお、固定電話はスコアリングの点数に影響するだけですので、家に固定電話がなくても楽天カードは問題なく作れます。

無職の人が楽天カードに申し込む際は、スコアリングの点数を少しでも上げることが大事になってきますので、携帯電話の電話番号と固定電話の電話番号の両方を必ず記入するようにしてください。携帯電話と固定電話の両方の番号を記入すると、携帯電話だけよりもスコアリングの点数が大きくアップしますので、審査に通りやすくなります。

一人暮らしをしている学生が楽天カードに申し込む際には、住民票の住所が実家になっていて、実家に固定電話がある場合は、実家の固定電話の電話番号を連絡先に記入すると、審査はより有利になります。

自営業は審査に通る?

一般的に、自営業やフリーランスの方はクレジットカードを作るのが難しいですが、楽天カードは自営業やフリーランスの方でも作ることができます。

ただし、自営業やフリーランスの方は、審査が少し厳しくなりますので、申し込みの際には工夫をすることが必要です。

最も大事なことは、収入や職業などは嘘をつかず、正直に記入することです。もし、嘘の内容を書いたことがバレてしまうと、審査に通るのは絶望的になってしまいます。年収が少なくても審査に通る可能性はありますので、とにかく正直に記入することが大切です。

自営業の方も、キャッシング枠は希望しない方が審査に通りやすくなります。カードの利用目的は「普段のお買い物等に利用」を選び、キャッシング枠を0円にしておくと良いでしょう。

固定電話も同様で、自営業で家に固定電話がある場合は、必ず、固定電話の電話番号も連絡先に記入するようにしてください。楽天カードを申し込む際に、これらの工夫をすることで、自営業の方も審査に通りやすくなります。

楽天カードを無職の人が作る場合の注意点

クレジットカードは個人の信用が土台になりますので、信用を無くすようなことをすると、無職の人が楽天カードを作ることは不可能になってしまいます。

ここでは、無職の人が楽天カードを作る際の注意点を解説します。

注意点① 無職なのに嘘の勤務先名を書かない

これまでに説明してきたように、無職の人でも楽天カードを作ることは可能です。正直に申告をすれば楽天カードを作れる可能性は十分ありますので、嘘の内容を書かないよう、くれぐれもご注意ください。

クレジットカードを申し込む際には、勤務先に在籍確認の電話がかかってくることがありますが、楽天カードは基本的には在籍確認の電話が勤務先にかかってくることはありません。だからと言って、嘘の勤務先を書くのは絶対にダメです。

楽天カードは基本的に在籍確認の電話はかかってきませんが、記載した内容に不備があったり、不審な点があると在籍確認の電話がかかってくることがあります。

もし、嘘の勤務先を書いてしまったら、この時点で審査に通るのは絶望的です。

勤務先だけでなく、年齢や現住所、年収、他社からの借入状況など、全ての項目に嘘を書くのは厳禁で、嘘がバレると審査に落ちるだけでなく、社内ブラックに載り、二度と楽天カードを作れなくなる場合があります。

無職の人が嘘を書いたらどうなる?

無職の人が嘘を書いた時の体験談ではありませんが、無職の専業主婦が楽天カードを申し込んだ時の体験談で以下のようなものがあります。

【楽天カードのご本人樣情報について】先日楽天カードの審査に通り、限度額50万のショッピング枠(キャッシングなし)でカードが発行されました。現在は仕事をしておらず(専業主婦)、申し込み時の内容は貯金額他、正直に私の借入額と毎月の返済額も記入しましたが主人の年収額などは記入していません。審査には通らないだろうなと軽く思っていましたが通りました。

今日、カードの私の登録情報を見ると、私が申告した借入額や毎月の返済額が0になっています(それ以外は正確です)。私は正直に申告しました。私のカードを受け付けた人か機械が勝手に間違えたとしか思えませんが、だから審査に通ったのかと思い複雑です。

※この体験談はヤフー知恵袋より引用しています(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11197809261?__ysp=5qW95aSp44Kr44O844OJ44CA5ZiY)。

この無職の専業主婦の方は、審査には通らないと軽い気持ちで楽天カードに申し込んだところ、審査に通って、ショッピング枠の限度額が50万円のカードを作ることができたようです。

世帯年収(ご主人の年収)を記入せず、借金を返済中の方が審査に通るのは普通では考えられませんが、楽天カードは機械を使った審査を行っているため、このようなケースでもカードを作れる場合があります

注意点② 審査途中で無職になったら連絡する

楽天カードの審査は機械で行われるため、申し込んでから最短2分で審査が終わり、ほとんどの場合は数時間で審査が終わります。そのため、審査途中で無職になることはあまり考えられませんが、無職になった時には正直に申告するのが無難です。

無職になったことを申告しても、カードを作れる可能性は十分にありますし、発行されたカードは堂々と使うことができます。とにかく、嘘をつくのはよくありません。

楽天カードを既に利用中に無職になった場合でも、カードを取り上げられることはなく、これまで通り利用することができます。ただし、カードを利用中に無職になると、キャッシング枠やショッピング枠の増枠はできなくなります。

楽天カードは無職の人でも作れるケースがある!嘘をつかずに挑戦しよう

楽天カードは、無職の人や専業主婦、学生でもカードを作れる可能性があります。年金受給者や家賃収入で暮らしている場合でも大丈夫です。

他社ではクレジットカードを作れなかった人でも、楽天カードなら作れる可能性が十分にありますので、とりあえず申し込んでみることをおすすめします。

無職の人が楽天カードに申し込む際は、嘘をつかないことが大切です。

嘘を書いて申し込んだ場合、嘘がバレてしまうと審査に通らなくなってしまいます。また、社内ブラックにも載ってしまうため、二度と楽天カードを作れなくなることもあります。

無職でも一定の世帯年収や預貯金があればカードを作れる可能性がありますので、無職の人でもあきらめずに挑戦してみてください。