クレジットカードの有効期限が切れる前に確認したい7つのポイント

クレジットカードには複数の数字が記載されており、クレジットカードを初めて持った方にはどこに何が書いてあるかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は普段はあまり気にしないクレジットカードの有効期限に関する情報をお届けしたいと思います。

有効期限の見方だけでなく、有効期限が設定されている理由や有効期限が切れた場合の注意点等も紹介しているので、クレジットカードの更新が近づいている方もぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードの有効期限の見方は?切れたらどうする?知っておきたい7つのこと

普段何気なく使っているクレジットカードには有効期限というものが設定されています。

そんな有効期限に関して知っていると、クレジットカードを使うにも安心ですよね。

それでは、クレジットカードの有効期限に関する知っておきたい7つのことについて紹介していきたいと思います。

クレジットカードの有効期限の見方は?YY/MMって何?

クレジットカードの有効期限は、一般的にクレジットカードの表面に記載されています

表面にカード番号が記載されているかと思いますが、その下の部分に有効期限が記載されています。

有効期限の書き方としては、「MONTH(月) / YEAR(年)」や「MONTH(月) ー YEAR(年)」の順に書かれています。

例えば、「05/2020」と書いてあれば、2020年の5月が有効期限になります。

また、インターネットでクレジットカードを使う際に入力する情報の中に「YY/MM」という欄があることがあります。

これはそれぞれ、「YY → 年 (Year)」、「MM → 月 (Month)」を意味しています。

お手持ちのクレジットカードの有効期限を基に、入力しましょう。

楽天カードの有効期限はどこに書いてある?

「楽天カード」は、クレジットカードの表面に有効期限があります。

楽天カードのカード番号は16ケタで記載されているのですが、その9〜12文字目のちょうど下に記載されています

有効期限の横に、「有効期限」と「GOOD THRU」と書いてあるので簡単に見つけることができると思います。

JCBカードの有効期限はどこに書いてある?

「JCBカード」も楽天カード同様、クレジットカードの表面に有効期限があります。

JCBカードのカード番号も16ケタで記載されていて、その7〜10文字目のちょうど下に記載されているので、わかりやすいと思います

こちらも楽天カードと同じく有効期限の横に、「有効期限」と「GOOD THRU」と書いてあるのですぐに見つけることができるでしょう。

クレジットカードの有効期限はその月まで?それとも前月まで?

記載されている有効期限の月末までがそのクレジットカードの有効期限になります

例えば、01/2020と記載されていた場合には、2020年1月31日までそのクレジットカードは使うことができ、2020年2月1日からはそのクレジットカードは使えなくなります。

支払い時のトラブルを未然に防ぐためにも、所有しているクレジットカードの有効期限は確認しておくようにしましょう。

クレジットカードの有効期限は普通何年?7年?10年?

新規でカード発行を行った際には、1年程度の有効期限が設定されるカードもありますが、一般的には3年〜5年で設定されることが多いです

なぜどのカードも有効期限がだいたい同じに設定されているかというと、それには大きく3つの理由があります。

1つ目は、「劣化対策」です。

クレジットカードは硬質プラスチックで作られているのですが、長く使うほど素材が劣化していきカードの破損にも繋がります。

また、クレジットカードにはカードの情報を識別するために、カード裏面に磁気テープやICチップが付いています。

こちらもカード本体と同様に長期間使用し続けていると劣化や故障の可能性が高まります。

このようなトラブルを未然に防ぐためにも、クレジットカードに有効期限を設けて、定期的に新しくしています。

2つ目は、「防犯対策」です。

クレジットカード関連の犯罪は、年々手段が巧妙になっています。

クレジットカード会社は、このような犯罪が起きないように様々な対策を講じていますが、現在の対策が数年後にも通用するかはわかりません。

そういった意味でも、有効期限を設けて定期的にカードを新しくすることで、紛失したカードの悪用や不正利用といった犯罪の可能性を軽減しています。

クレジットカードは有効期限が来たら自動更新される?

クレジットカードは基本的には自動更新されるので、有効期限が近づいてきたからといって、カード会社への連絡や手続きは必要ありません

そのため更新の連絡や手続きを忘れてしまったことでクレジットカードが使えなくなるといった心配はありません。

また、クレジットカードの有効期限が近づいてくると、クレジットカード会社から新しいカードが送られてきます。

そのタイミングはクレジットカード会社によって多少前後はしますが、有効期限の1ヶ月前に送られてくることが多いです。

ただ、必ずしもクレジットカードが更新されるとは限らないパターンがある点には注意が必要です。

なぜならクレジットカード更新のタイミングで「クレジットカードの再審査」がおこなわれるためです。

一番最初にクレジットカードを発行した際に、収入や所帯等の情報を入力したと思います。

その情報を基に、信用がある人なのか、カードを発行して良いのかといった審査を行い、審査を通過した人に対してクレジットカードを発行する仕組みになっています。

ただ、上でも書いたようにクレジットカードの期限は3〜5年です。

その間に収入に変化がある方がほとんどでしょう。

そのため、クレジットカード更新時に所有者の経済状況を確認し、継続してカードを使っても問題ないかを判断しています。

再審査に通らなかった場合には、自動更新はされず解約となるので覚えておくと良いでしょう。

クレジットカードの利用回数が少なかったり、返済の遅れが複数回発生している人は、自動更新されないケースがあるので、カードの使用状況を確認しておくと安心かもしれません。

クレジットカードの有効期限が切れたら解約するほうがいい?

クレジットカードの有効期限が切れた際に解約する方が良いかどうかは、今後自分がそのクレジットカードを使うかで判断すると良いでしょう

そのクレジットカードを使い続けたいのであれば、わざわざ解約する必要はありません。

新たにカード会社から届いたクレジットカードを使いましょう。

有効期限が近づいてきたけど、そんなにそのクレジットカードを使わない場合やこの機会に新しいカード会社でクレジットカードを作って使いたいという場合には解約するのも1つの手です。

もし有効期限のタイミングでクレジットカードを解約したいという場合には、クレジットカード会社に連絡して解約したい旨を伝えれば問題なく解約手続きを行うことができます。

クレジットカードの有効期限が切れたら番号は変わる?

有効期限が切れた際に、新しいクレジットカードが届くのですが、その番号は基本的に以前使っていたものと同じです

そのため、基本的には同じカードという扱いになります。

ただし、詳しくは後述しますが「セキュリティコード」と「有効期限」が変わる点には注意が必要です。

また、クレジットカード更新によって番号が変わる例外的なパターンもあるので、紹介しておきます。

ゴールドカード、プラチナカード等へのランクアップ

同じカード会社の別のカードへの切り替え

国際ブランドの変更

クレジットカードを更新した際に、引き落としが自動更新されるものとされないものがあります。

自動更新されるものは「電気・ガス・水道などの公共料金、携帯電話の通信料、保険料」といった定期的に支払いを行なっているものです。

これらのカード払いの設定に関しては、自分でカードの更新情報を登録し直さなくても、引き続きカードから料金が引き落とされます。

一方、自動更新されないものは、「Amazon・楽天市場等のネットショッピングでの支払いといったその都度支払いを行なっているものです。

これらはそのサービス内で改めて、カード番号、セキュリティコード、有効期限を登録する必要があります。

一部例外はありますが、定期的な支払いは自動更新、その都度支払いは自動更新されないと覚えておくと良いでしょう。

クレジットカードの有効期限が切れたらやるべきこと

クレジットカードの有効期限が切れた際に、やっておくべきことが何点かあります。

少し面倒に思うかもしれませんが、今後もトラブルなくクレジットカードを使用するためには必要なことなので忘れないうちにやってしまいましょう。

住所が変わっていないか確認する

まずは、住所が変わっていないか確認しておきましょう。

住所変更の手続きができていないとクレジットカード会社からのお知らせが届かないだけでなく、更新時に新しいクレジットカードが届かなくなってしまいます

そのため、クレジットカードの有効期限が近づいてきたり切れてしまった際には、住所変更の手続きを忘れずに行うようにしましょう。

住所変更の手続きは、インターネット、カード会社への電話、郵送等、複数あるので自分の都合に合わせて選択すると良いでしょう。

新しいカードが来たら古いカードは破棄する

新しいクレジットカードが届いたら、古いカードは実質的に不要になります。

一応、有効期限を過ぎるまでは古いカードを使用することは可能ですが、カードの混同や利用間違い等を防ぐためにも、新しいカードが到着したら古いカードは廃棄してしまうのが良いでしょう。

ただ、クレジットカードには個人情報が記載されているので、そのまま処分するのではなく、記載されている情報が分からなくなるようにハサミで切り刻むようにしましょう。

処分の際には、以下の情報がきちんと分からないようになっているか確認しておくと安全です。

<カード表面>

  • 氏名
  • カード番号
  • 有効期限
  • ICチップ

<カード裏面>

  • セキュリティコード
  • 磁気テープ
  • サイン欄

有効期限切れとともに解約したいなら

ここまでクレジットカードの有効期限に関する情報を多数紹介してきました。

基本的には現在使っているクレジットカードを継続して使おうと考えている方が多いのではないかと思います。

しかし、現在使っているクレジットカードを解約して、よりもお得に使えるクレジットカードを有効期限切れに合わせて作ってみるというのも良いと思います。

と、いうのもクレジットカード会社はより多くのお客様に使ってもらうために様々なプランやポイント還元等のキャンペーンを打ち出しています。

ちょうどいいタイミングなので、よりお得に使えるクレジットカードを見つけて、少しでも得をすることで浮いたお金を他のことに使えるので探してみましょう。

それではここで、新しくクレジットカードを作る際におすすめのものを紹介していきます。

おすすめのカード①ゼビオカード

まず、ご紹介するのは「ゼビオカード」です。

これはゼビオグループが発行しているクレジットカードで、特にゼビオグループで利用した際には非常にお得に使えるものになっています。

メリット1:ゼビオグループでの利用でお得にポイントが貯められる

「スーパースポーツゼビオ」や「ヴィクトリア」、「ネクサス」等でかなりお得にポイントを貯めることができます。

例えば、スーパースポーツゼビオでゼビオカードを利用した場合は、

100円につき「3ポイント」+クレジット利用で「2ポイント」の合計「5ポイント」が付与されます。

もちろんゼビオグループ以外での加盟店でも利用することができ、その際のポイントは1000円につき、5ポイントが付与されるようになっています。

メリット2:ゼビオゴールドプログラム

ゼビオゴールドプログラムとは、「ゼビオゴールドカードで四半期で支払いをした金額の合計に応じて、UCカードが送られてくるもの」になります。

1月〜3月、4月〜6月、7月〜9月、10月〜12月の期間の利用額に応じて、以下のUCカードをもらうことができます。

  • 30万円→3000円分のUCカード
  • 50万円→5000円分のUCカード
  • 100万円→10000円分のUCカード

例えば、3ヶ月に30万円利用したとすると、1年間で1万2000円分のUCカードがもらえます。

加えて120万円分利用のポイントである6000円も付与されているので、合計1万8000円が還元されることになります。

このようにお得なプランがゼビオカードには付いています。

特に普段スポーツをしているような方にはおすすめできるクレジットカードです。

おすすめのカード②エポスカード

エポスカード

2つ目のおすすめカードは、「エポスカード」です。

丸井デパート系のお店でお得に使える年会費無料のクレジットカードです。

しかし、丸井以外での利用でも非常にお得なクレジットカードになっています。

メリット1:丸井系デパートで10%割引がある

丸井系デパートでは年4回、「マルコとマルオの7日間」という期間中にエポスカードを利用すると10%の割引を受けることができます。

この10%割引というのは非常に大きく、5万円の商品を買ったら4万5000円、10万円の商品を買ったら9万円で購入することができます。

この期間を狙って買い物をすることがお得に欲しいものを購入することができます。

メリット2:カフェやカラオケボックス等、様々なお得に使える

丸井系デパートに限らず、他のお店でもお得に使えるのがエポスカードの特徴です。

例えば、「スターバックス」ではスタバカードの入金にエポスカードを使うことで、ポイントが通常の2倍付与されるようになっています。

また、「カラオケ館」や「ビッグエコー」では、入室時にエポスカードを提示すると、室料30%引きの割引を受けることができます。

しかもこれは、エポスカードでの支払いではなく、提示が条件なので、持ってるだけで非常にお得に利用することができます。

このように使ってもお得、持ってるだけでもお得なクレジットカードはなかなかないので、このエポスカードも非常におすすめです。

クレジットカードの有効期限はこまめにチェックしよう!

今回は、クレジットカードの有効期限についての情報を紹介してきました。

普段はそれほど気にしない有効期限ですが、期限が近づいてきた時には有効期限をチェックしておいたほうがいいことや新しいクレジットカードが届いた時にやるべきこと等、クレジットカードに関する詳しい情報を知ることができたのではないかと思います。

チェックを怠っていたことで、正常に支払いを行うことができなかったということになってしまうと、そこから情報の確認や更新を行わなければならなくなってしまい、何かと面倒なことが多くなってしまいます。

そういったトラブルを防ぐためにも、クレジットカードの有効期限はこまめにチェックすることで安心してクレジットカードが使える状況を整えておきましょう。