ゴールドカードは無料で作れる?無料で作る方法とおすすめのカード11選

ゴールドカードはよりステータスが高いクレジットカードで、クレジットカード機能に加えてプレミア感のある優待サービスが付帯されています。

優れたサービスを受けられる反面、年会費負担が重いイメージがあり、敷居が高いとあきらめていませんか?

たしかに、だれでも簡単に作れるカードではありませんが、特定の条件を満たせば年会費無料で作れるゴールドカードもあります。

この記事では、無料で作れるゴールドカードを紹介します。希望にあったゴールドカードがあるかチェックしてみましょう。

ゴールドカードを完全無料で利用するためには「インビテーション(招待)」が必要

一般カードの利用実績を積むと優良顧客として認められ、ゴールドカードのインビテーション(招待)がカード会社から送られてきます。

インビテーションが送られてきたら、年会費無料でゴールドカードを作れるチャンスですが、どのような実績を積めば送られてくるのでしょうか?

インビテーションとは

インビテーションは、カード会社が定めている一定の基準(利用額、利用頻度、利用期間など)を満たすと送られてきます。ワンランク上のゴールドカードへアップグレードをすすめる招待状のことです。

ただ、インビテーションが届くカードとそうでないカードがあり、利用実績を積めばアップグレードできるわけではありません。

インビテーションが送られないカードを使っていても、ゴールドカードを年会費無料で利用できるチャンスは訪れませんので注意しましょう。

インビテーションによって無料で利用できるゴールドカード

クレジットカードの中には、利用実績を積むとインビテーションが送られてきて、申し込むと年会費無料でゴールドカードが発行されるものがあります。

ここでは、実績に応じてインビテーションが受け取られるクレジットカードとその条件をご紹介します。

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

エポスゴールドカードは通常年会費5,000円(税込)のゴールドカードです。一般のエポスカードで実績を積み、インビテーション経由でゴールドカードにアップグレードすれば年会費永年無料で利用できます。

エポスゴールドカードは、1年間で50万円以上利用れば翌年以降は年会費永年無料で利用できる利点があります。

公式サイトにインビテーションの条件は記載されていませんが、実際にインビテーションが届いた方の口コミによると、最低でも半年で20〜30万円以上の利用が必要だといわれています。

セブンカード・プラス(ゴールド)

セブンカード・プラス

セブンカード・プラス(ゴールド)は一般向けに募集がされておらず、インビテーションが届かなければ持てない年会費永年無料のゴールドカードです。

公式サイトには「ご愛顧いただいている会員様へお送りしているカード」としか記載がなく、詳しい条件の記載がありません。

実際にインビテーションを受け取った方の口コミを分析すると、一般カードでセブン&アイ・ホールディングス系列の利用実績を積むか、年間の支払い金額や利用回数を増やすことが必要なようです。

具体的には、セブン&アイ・ホールディングス系列の店で毎月5万円以上かつ、年間60万円以上利用するか、系列は問わず年間100万円以上の利用をすることで、インビテーションが届くといわれています。

公務員はゴールドカードを無料で作れる?

クレジットカードは安定した収入がある方なら誰でも作れますが、中には公務員のみが作れる年会費無料のゴールドカードがあります。

ここでは、公務員の方だけが無料で作れるクレジットカードをご紹介します。

KKRメンバーズカード

KKRメンバーズカード

KKRメンバーズカードは、国家公務員共済組合連合会が発行するクレジットカード機能がついた会員証です。現職の国家公務員とOBが持つことができ、入会金や年会費は無料です。

国家公務員共済組合連合会は20の共済組合で組織され、衆議院・参議院や内閣、各省庁、裁判所、会計検査院、日本郵政の共済組合で構成されます。

VISA・MasterCard・JCBの3つのブランドから選ぶことができ、旅行傷害保険や空港ラウンジの利用や独自のポイントサービスといった各種サービスが付帯しています。

公立共済メンバーズカード

公立共済メンバーズカード

公立共済メンバーズカードは、公立学校共済組合の組合員や、年金受給者が持てる年会費永年無料のクレジットカードです。

ショッピングはもちろん、空港ラウンジサービスやオリコ旅行センターパッケージツアー割引サービス、世界51都市で日本語対応可能の海外デスクなどの特典が付帯しています。

さらに、公立共済やすらぎの宿を利用するときには組合員料金が適用されます。

公立共済メンバーズカードで購入した商品が損害を被った場合に補償を受けられる「ショッピングガード」や、カードの紛失・盗難で不正使用を被った際に損害が補償される「紛失・盗難補償」など、手厚い補償も付帯しています。

JPカード

JPカード

JPカードは、警察共済組合が組合員の福利厚生の一環として、三井住友カードと連携して発行しているVISAカードです。警察職員(退職者含む)とその家族のためのクレジットカードです。

JPゴールドカードは年会費初年度無料で作れますが、2年目以降の年会費は前年にカードを使用すると5,715円(税別)、前年にカードを使用しないと10,000円(税別)です。

JPは、Japan Policeの略で、ゆうちょ銀行が発行するJP BANK カードとは別物です。

JPカードでは、毎年ユニークなキャンペーンを展開しており、引越応援優待割引やペア旅行招待、抽選による景品プレゼント企画などが開催されています。

JD VISAカード

JD VISAカード

JD VISAカードは株式会社LCトレーディングと三井住友カード株式会社が連携して、防衛省共済の組合員の27万人を対象として企画されたVISAカードです。公務員の方とその家族やOB、MATSUMI会員が持てるクレジットカードです。

年会費は初年度無料で、2年目以降は前年に1度でもカード決済を使用すると年会費無料です。1年に1度も利用しなければ、1,575円の年会費が発生します。

JD VISAカード独自の特典が充実し、「紳士服のはるやま」での買い物が店頭価格から10%割引されたり、「藤田観光<ワシントンホテルチェーン>」で宿泊の際の基本室料が10%割引されるなどの割引特典が付帯しています。

アルプスカード

アルプスカード

アルプスカードは、地方公務員や地方行政の職員、国家公務員や、独立行政法人関係業務に携わる方を対象としたクレジットカードです。

カード会員限定の特別優遇金利の住宅ローンなどファイナンスサービスのほか、 自動車・火災・傷害などの各種損害保険が付帯しています。

ショッピングや暮らしをサポートする優待サービスなど、カード会員の生活に役立つサービスが付帯しています。年会費は初年度無料で、2年目以降は選択したカードのブランドや職業(公務員の種別)によって異なります。

ゴールドカードの審査は厳しい?審査基準と審査期間は?

ゴールドカードの審査期間は新規申込の場合、2週間~3週間ほどで、一般カードからの切り替えの場合は1週間程度と一般カードより長く設定されています。

審査基準は年々甘くなっており、20代の方や比較的収入が少ない方でも実績があれば審査に通過することがあります。

ゴールドカードなのに無料!おすすめ無料ゴールドカードランキング

ランキング

年会費無料で作れるゴールドカードや、リーズナブルな年会費で上質な優待サービスが付帯されたゴールドカードなど、カードごとにさまざまな特徴があります。

ここでは、おすすめのゴールドカード11枚をランキング形式でご紹介します。

年会費無料のゴールドカード

まず、特定の条件を満たすと年会費が永年無料になるゴールドカードを紹介します。インビテーションが届いたらグレードアップできるゴールドカードです。

おすすめランキング1位:イオンゴールドカード

イオンゴールドカードは、1年間で100万円以上の買い物を一般のイオンカードで購入した方に発行している、年会費永年無料のゴールドカードです。

イオンゴールドカードにアップグレードすると、イオンゴールドカードで購入した商品の損害が年間300万円まで補償されるショッピングセーフティ保険や、国内外の旅行傷害保険が無料付帯されます。全国各地のイオンラウンジも利用できます。

イオンゴールドカードは「ときめきポイントTOWN」と呼ばれるショッピングモール経由でお買い物すると、お店によって付与されるポイントがアップするので、イオンのサービスをよく利用する方には特におすすめできるカードです。

初年度年会費無料のゴールドカード

初年度年会費無料のゴールドカードは、維持費を抑えながらも、必要最低限のサービスは付帯されているのが特徴的なカードです。

2年目以降に発生する年会費も事前に確認しておきましょう。

おすすめランキング2位:三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードは、インターネットで入会申し込みをすると初年度年会費無料になるゴールドカードです。

通常の年会費は10,000円(税別)で、「WEB明細書+マイ・ペイすリボ」コースにすると、翌年度以降の年会費は4,000円(税別)で利用できます。

カードで購入した商品の破損・盗難による損害を最高300万円まで補償するショッピング補償や、日常生活の医療・ストレス・健康の不安について、24時間・年中無休で専門スタッフが電話相談を受けてくれるサービスが付帯しています。

新規入会+スマホアプリログインで、もれなく利用金額の20%(最大12,000円)プレゼントのキャンペーンを実施中です。(2019年9月2日~12月27日まで)

おすすめランキング3位:JCBゴールドカード

JCBゴールドカードは、インターネット経由の入会で初年度年会費無料になるゴールドカードです。2年目以降の年会費は10,000円(税別)です。

JCBゴールドカードは、カード付帯保険が充実しており、旅行傷害保険のほか、航空機遅延で発生した損害の補償、購入した商品の破損や盗難による損害の補償などが付帯しています。

全国250店舗の提携レストランで飲食代金やコース代金が20%オフになるJCBグルメ優待特典も付帯され、外食先にこだわりたい方におすすめのカードです。

今ならインターネット新規入会で、最大16,000円分プレゼントがあるキャンペーンを実施中です。(2020年3月31日まで)

おすすめランキング4位:MUFGカード ゴールド

MUFGカード ゴールド

MUFGカード ゴールドは、初年度年会費無料のゴールドカードで、2年目以降の年会費が1,905円(税別)とリーズナブルなゴールドカードです。

年会費が抑えられていても、国内外の旅行傷害保険が付帯しています。カードで購入した品物の破損、盗難などの損害を購入日から90日間なら補償するショッピング保険や空港ラウンジサービスも付帯しています。

入会時に指定した記念月にはポイントが1.5倍になるほか、豊富なポイントアップ特典も用意され、使えば使うほどたまりやすくなるポイントプログラムがあります。

維持費を抑えながら充実した付帯サービスが欲しい方におすすめしたいゴールドカードです。

条件付きで年会費無料・割引になるゴールドカード

ここでは、カードの利用実績によって年会費無料、もしくは年会費が割引されるゴールドカードをご紹介します。

おすすめランキング5位:エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

エポスゴールドカードは、年間利用金額50万以上で年会費5,000円(税込)が翌年以降に永年無料となるゴールドカードです。

一般のエポスカードの保有者でインビテーションが届いた方であれば、初年度から年会費無料で利用できます。

年会費が抑えられているゴールドカードですが、限定サービスは他のゴールドカードと比較しても見劣りせず、海外旅行傷害保険や空港ラウンジサービスなどの特典も付帯しています。

一般カードだと通常2年のポイント有効期限が無制限に優遇され、お気に入りのお店を登録すると3店舗まで最大ポイント3倍になるため、ポイントをためたい方におすすめしたいゴールドカードです。

おすすめランキング6位:NTTグループゴールドカード

NTTグループゴールドカード

NTTグループゴールドカードは、NTTファイナンスが発行するゴールドカードです。通常の年会費は5,000円(税別)で、年間ショッピング利用額100万円以上で次年度の年会費を無料にできます。

キャッシュバック&ポイント制度があり、ポイントをためる「ポイント・プレゼントコース」と「おまとめキャッシュバックコース」の2つから選べます。

「おまとめキャッシュバックコース」は他のカードにはないサービスで、NTTグループ(NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなど)の通信料金をNTTグループカードで決済すると、NTTグループなどの通信料金が月間最大9,000円キャッシュバックされます。(月間2万円以上のショッピング利用が必要)

珍しい特典として「債務免除制度」特約があります。この特約が適用されると、次回以降の請求が免除されます。思いがけない事故や病気で亡くなった場合も、家族に負担をかける心配がなくなります。

空港ラウンジが無料で利用できるゴールドカード

ここからは、空港ラウンジが無料で利用できるゴールドカードや、同伴者も無料で利用できるゴールドカードを紹介します。

おすすめランキング7位:楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードは、年会費わずか2,200円(税込)で持てるゴールドカードです。

国内主要空港やハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国/仁川国際空港のラウンジを年間2回まで無料で利用できる付帯サービスがあります。

アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアなど、世界145カ国、10,300カ所以上の拠点をもつハーツレンタカーが10%OFFで利用できるほか、海外のWi-Fiルーターレンタルが15%OFFで利用できるなど、特に海外旅行の際にメリットを発揮します。

楽天市場でのショッピングは常にポイント5倍で、ポイント加盟店だと最大で3倍、楽天トラベルだと2倍になるため、楽天グループの買い物がお得になるゴールドカードです。

おすすめランキング8位:アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、年会費31,900円(税込)のゴールドカードで、高い知名度・ステータスを誇るカードです。

旅行傷害保険や手荷物宅配サービス、海外旅行先で困ったときに頼れる日本語電話サポートや、ホテルやレストラン優待などが充実しており、特に海外旅行で活躍するカードです。

世界148か国、600超の1300か所以上のラウンジを同伴者含め1回27ドルで利用できる「プライオリティ・パス」に無料登録できるほか、カードで購入した商品の破損・盗難を補償するショッピング・プロテクション、航空機遅延・旅行キャンセル時の補償などの特典が付帯されています。

おすすめランキング9位:JTB旅カード VISAゴールド

JTB旅カード VISAゴールドは、JTBグループの利用でポイントがたまりやすい年会費15,000円(税別)のゴールドカードです。

国内の主要空港やハワイ・ホノルル空港のラウンジを無料で利用できるほか、海外55都市にあるJTB旅カードデスクで旅行中のトラブルを日本語で相談できるゴールドカード会員限定のサービスが付いていす。

国内外の旅行傷害保険や、旅行キャンセルの負担を補償する海外旅行取消料補償、航空機の欠航による負担を補償する国内航空機欠航補償など、旅行の際の補償が充実しています。

ポイントの還元率が高く、JTBの利用だと最高6.5%還元され、その他の支払いでも100円ごとに1.5%還元されます。

おすすめランキング10位:JAL CLUB-Aゴールドカード(VISA/マスター)

JAL CLUB-Aゴールドカード

JAL CLUB-Aゴールドカード(VISA/マスター)は、JALのマイルがお得にたまる年会費17,600円(税込)のゴールドカードです。

エコノミークラスや特典航空券でJAL国際線に搭乗する際でも、JALビジネスクラス・チェックインカウンターを利用してスムーズにチェックインできるほか、各提携カード会社専用の空港ラウンジの利用もできます。

JAL CLUB-Aゴールドカードは、通常年会費3,300円(税込)のJALカードショッピングマイル・プレミアムが無料付帯しており、定期的な支払いでもショッピングマイルが2倍たまります。

おすすめランキング11位:MileagePlusセゾンゴールドカード

MileagePlusセゾンゴールドカード

MileagePlusセゾンゴールドカードはユナイテッド航空との提携カードで、スターアライアンス加盟航空会社の利用でマイルがたまる年会費20,000円(税別)のゴールドカードです。

国内主要空港、ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)の空港ラウンジが無料で使えるほか、最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険や、カードで購入した商品の破損・盗難を補償するショッピング安心保険が付帯されています。

ANAやユナイテッド航空などのスターアライアンス各社の利用でフライトマイルが貯まるほか、日々のショッピングや食事でもUNITEDマイレージプラス・マイルが1,000円につき15マイルたまります。

ゴールドカードなら無料でもサポート豊富!今すぐ申し込みを

ゴールドカードといっても、ステータスの高さはカードにより異なり、年会費も無料のものから3万円程のものまでさまざまです。

どのカードにも独特の特典や優待があり、一般カードにはない特別な体験ができるカードばかりで、1枚持っていて損はありません。

年会費を支払いたくないなら、一般のイオンカードからゴールドカードへのアップグレードを狙えば年会費無料でゴールドカードを作れます。

自身のライフスタイルや好みに合ったゴールドカードを見つけて、申し込みをしてみてはいかがでしょうか。