クレジットカードのランクを解説!各ランクごとのおすすめカードも

クレジットカードのランクでは、利用者の年収や信用状態が大まかに分かるので、その人のステータスを表すことになります。

今回はクレジットカードのランク、ランクごとの特徴や年収目安、ランクごとにおすすめのクレジットカードを詳しく解説していきます。

クレジットカードのランクにはどんな意味がある?種類も一覧にして紹介

クレジットカードにはランクが存在し、主に所有者のステータス(社会的地位)を表します。

ランクごとに年会費や利用限度額の相場も変わり、高ランクカードほど高めの設定になる傾向があります。

ここでは、ランクの意味と種類、目安となる年収について詳しく解説します。

クレジットカードのランクの意味

クレジットカードのランクは、カード会社が提供する特典やサービスに影響します。高ランクカードほど入会審査も厳しく、年会費も高額ですが、特典やサービスは充実します。

基本的にクレジットカードのランクは以下のような色で分類されています。

  • ブラックカード
  • プラチナカード
  • ゴールドカード
  • シルバーカード

上から順に高ランクの位置づけで、ブラックカードは最高ランクで高ステータスの象徴です。最も下のシルバーカードはいわゆる一般カードです。

クレジットカードのランクの種類一覧

クレジットカードは「ブラック(チタン)」「プラチナ」「ゴールド」「一般(シルバー)」の4つのランクに分かれます。

それぞれのランクについて、詳しく解説します。

一般カード

一般カードはクレジットカードの中で最もランクが低く、スタンダードなカードです。ステータス性はありませんが、年会費が安価・無料なことが多く、初めての人でも持ちやすいカードです。

コスパが良く普段使いに適したカードで、ポイントを貯めて使えば節約ができます。一般カードでクレヒス(利用実績)を作れば、後述の上位カードへのインビテーション(招待)を受けられます。

ゴールドカード

ゴールドカードは、ひと昔前に比べて入会のハードルが下がり、発行しやすくなりました。一般の認知度は高く、作りやすさの割にステータス性が高くみられる傾向にあります。

年会費は有料であることが多く、空港ラウンジ無料サービスや高額な旅行保険などサービスが充実しています。

プラチナカード

プラチナカードは、ゴールドカードよりもサービスや付帯保険が手厚いです。ゴールドカードよりも高ステータスで、ブラックカードを発行していない一部カードでは最高ランクに位置付けられます。

利用者の代わりに予約や調べものをしてくれるコンシェルジュサービスは、プラチナカード以上からの付帯サービスです。

ブラックカード(チタンカード)

ブラックカードは、クレジットカードの中で最高ランクです。

サービス・ステータス共に最上級で年会費が高額で、一部の富裕層しか持つことができません。

アメックスでは、チタンカードがブラックカードと同格です。Luxury Cardも同様にチタンカードと呼ばれるものを発行していますが、こちらはカード素材がチタンであるだけで、ランクはブラックカードではありません。

他ランクとの決定的な違いは、ブラックカードはインビテーションでしか発行できません。カード会社からブラックカードを持つに相応しいと認められた人のみが所有を許される格式高いカードです。

クレジットカードのランクごとの年収

クレジットカードのランクによって年会費や審査難易度が変わるのであれば、当然それぞれ求められる年収に違いがあるわけです。

では具体的にどれほどの違いがあるのでしょうか?

年収
一般カード200万円~300万円未満
ゴールドカード300万円~400万円未満
プラチナカード400万円~500万円未満
ブラックカード500万円以上

求められる年収は各カード会社によって異なるため、あくまでも目安です。

クレジットカードのランクごとのおすすめを紹介!ステータス&取得難易度ランキング

各ランクのおすすめカードを紹介していきます。これから高ランクカードの取得を検討している人の参考になれば幸いです。

ブラックカード

クレジットカードで最高ランクのカードです。インビテーションでしか取得を許されないので取得難易度が高く、ステータスは本物です。

以下、詳しい取得方法について紹介します。

1位:アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

年会費 350,000円+税

アメックス・エキスプレス・センチュリオン・カードに審査はなく、インビテーションでのみ取得可能です。

取得の際は、カード素材をプラスチック製とチタン製から選択できます。入会時は入会金が発生し、プラスチック製は500,000円+税、チタン製は900,000円+税です。

インビテーションの条件は明らかになっていませんが、確実なことは下位カードの「アメックス・プラチナカード」「アメックス・ゴールドカード」を保有していることです。

下位カードを利用して多くの金額を決済し続け、利用実績を作っていく必要があります。

アメックス・エキスプレス・センチュリオン・カードは世界でも認知度の高いブラックカードです。自分のステータスを多くの人にアピールしたい人におすすめです。

2位:SURUGA VISA Infinite

SURUGA VISA Infiniteカード

年会費 120,000円+税

SURUGA VISA Infiniteの取得条件は、スルガ銀行の上客となりインビテーションを受けるしかありません。インビテーションを受ける明確な条件は非公表ですが、メインバンクをスルガ銀行にすることは最低条件でしょう。

住宅や不動産投資でローン組んだり、下位カード「SURUGA VISA プラチナクレジット」でクレヒスを作るなどが必要と推察できます。

VISAカードの中で最上位に位置づけられ、VISAプラチナサービスも利用できます。VISAプラチナサービスは、24時間365日利用できるコンシェルジュサービスや有名ホテルの優待割引などがあります。

すでにスルガ銀行をひいきにしている人は、是非最上位カードのインビテーションを狙ってみてはいかがでしょうか?

3位:JCB THE CLASS

JCB THE CLASS

年会費 50,000円+税

JCB THE CLASSの入会にはインビテーションが必須です。インビテーションを受ける方法は、公式サイトで公開されています。

  • JCBゴールドを保有して2年連続で100万円以上利用すると「JCBゴールド・ザ・プレミア」のインビテーションを受けられる
  • JCBゴールド・ザ・プレミアを保有して1年以上利用すると「JCB THE CLASS」のインビテーションを受けられる

つまりJCB THE CLASSを取得するには、まずJCBゴールドを取得する必要があり、最短で3年で取得できる算段です。

これ以外に、JCBプラチナを取得してインビテーションを待つ方法もあります。ただしこちらは明確な条件が不明であり、ひたすら良質なクレヒスを積み上げていく必要があります。

JCB THE CLASSは、ブラックカードの中でも年会費が安価です。ブラックカードを持ちたいけれどもカード維持費を抑えたい人におすすめです。

4位:ラグジュアリーカード Mastercard Gold Card

ラグジュアリーカード(ゴールド)

年会費 200,000円+税

ラグジュアリーカードには「Gold」「Black」「titanium」の3種類のランクがあり、Blackとtitaniumは直接申込可能ですが、Goldはインビテーションでしか発行できません。

インビテーションの具体的な条件は公表されておらず、少なくともBlackかtitaniumを保有し良質なクレヒスを積む必要があります。

Blackは名前も券面も黒色ですが、内容はプラチナランクに位置づけられます。つまりGoldこそがラグジュアリーカードのブラックカードです。券面には純金が使われ、カードそのものが貴金属です。

ラグジュアリーカード Mastercard Gold Cardは、日本で唯一となる「Mastercardワールドエリート」のステータスを持つカードです。Mastercardワールドエリートとは、Mastercardの最上級ランクを表すグレードです。

MasterCardの最上級カードを持ちたい人はおすすめです。

5位:ダイナースクラブプレミアムカード

ダイナースクラブ プレミアムカード

年会費 130,000円+税

ダイナースカードは、アメックスと双璧をなす世界的にステータスの高いカードです。

ダイナースクラブプレミアムカードはその中でも最上級に位置付けられ、認知度はアメックスには劣るものの、知る人ぞ知る高ステータスカードです。

取得するにはインビテーションを受ける以外ありません。インビテーションの条件も公表されていないため、下位カードを保有して良質なクレヒスを積んでいくことが必要です。

こちらからインビテーションを催促でき、これまでのクレヒス次第でインビテーションの送付を検討してもらえる可能性があります。

クレヒスに自信がある人は、サポートセンターに電話してみてはいかがでしょうか?

プラチナカード

ゴールドカードよりも高ランクで、ほとんどのカード会社はインビテーションでしか発行しません。ゴールドカードの取得難易度が下がっている今、周りと差をつけたい人におすすめです。

以下、詳しい取得方法について紹介します。

1位:JCBプラチナカード

JCBプラチナカード

年会費 25,000円+税

JCBプラチナカードは直接申込ができるカードで、申込基準は25歳以上で安定した収入がある人です。JCBゴールドカードからのインビテーション経由でも取得できます。

24時間365日対応の「プラチナ・コンシェルジュデスク」を利用でき、国内外問わずホテルや旅行に関するサービスなどが受けられます。世界中の航空会社のVIPラウンジを無料利用できるプライオリティパスのプレステージ会員(年会費429ドル)に無料入会できます。

最高1億円の国内・海外旅行保険が付帯し、同一生計の満19歳未満の子どもが対象となる家族特約(最高1,000万円)も付帯されており、充実の補償内容です。

JCBの最上級カードであるJCB THE CLASSを最短ルートで取得するのであれば、JCBプラチナカードの取得をおすすめします。

2位:三井住友トラストVISAプラチナカード

三井住友トラストVISAプラチナカード

年会費 35,000円+税

三井住友トラストVISAプラチナカードは直接申込ができ、申込基準は30歳以上で安定した収入がある人です。三井住友トラストVISAゴールドカードからのインビテーション経由でも取得できます。

三井住友トラストカードは三井住友カードと発行元が異なり、ステータスは劣ります。実際に三井住友カードのプラチナランクに位置する「三井住友VISAプラチナカード」の年会費は50,000円+税です。

ただし、三井住友VISAプラチナカードにはない「名医によるセカンドオピニオンサービス」や、本人もしくは同乗する車両が対象となるロードサービスが充実している点が魅力です。

三井住友VISAプラチナカードよりも安価でVISAプラチナカードを持ちたい人におすすめです。

3位:オリコカード・ザ・プラチナ

オリコカードザプラチナカード

年会費 20,000円+税

オリコカード・ザ・プラチナは直接申込ができるカードで、申込基準は満25歳以上で安定した収入がある人です。オリコカード・ザ・ポイント・プレミアムゴールドからのインビテーション経由でも取得できます。

オリコカード・ザ・プラチナは、Orico Card THE POINTの最大の魅力である高ポイント還元率を引き継いでいます。「オリコモール」利用時は通常のポイントアップに加えて、さらに1.0%のポイント加算が受けられます。

24時間365日対応のコンシェルジュサービス、世界650ヶ所以上の空港ラウンジを年6回まで無料利用できる「Lounge Key」は、プラチナカード限定特典です。

プラチナカードに高ポイント還元率を求める人におすすめです。

4位:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費 20,000円+税

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは直接申込ができるカードで、申込基準は学生を除く満20歳以上で安定した収入がある人です。MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードからのインビテーション経由でも取得できます。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、三菱UFJ銀行とアメックスが提携して発行するカードで、本家のアメックスプラチナカードよりも敷居は低いです。

それでもサービス内容は充実し、世界中の航空会社のVIPラウンジを無料利用できるプライオリティパスのプレステージ会員(年会費429ドル)に無料入会できます。プラチナグルメセレクションでは、対象レストラン利用時に1名分の料金が無料です。

アメックスプラチナカードの年会費は高額(130,000円+税)であるため、安価でアメックスプラチナカードの内容を満喫したい人におすすめです。

5位:アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

年会費 130,000円+税

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは直接申込ができるカードで、申込基準は学生を除く満20歳以上で安定した収入がある人です。アメリカン・エキスプレス社からのインビテーション経由でも取得できます。

年会費でもわかる通り、アメックスプラチナはプラチナカードの中でもステータスが高いです。2019年3月31日までは、インビテーションのみでしか取得できませんでした。

家族カードを4枚まで無料発行でき、以下の特典を受けられます。

  • プラチナコンシェルジュ:24時間365日対応のコンシェルジュサービス
  • プライオリティパス プレステージ会員:世界中の航空会社のVIPラウンジを無料利用(通常年会費429ドルが無料)
  • ホテルの上級会員資格:対象ホテルの客室アップグレードやレイトチェックインなどのサービス

アメックスプラチナカードはステータス性だけではなく、カード素材もメタルであることから他社のプラチナカードの中でも抜きん出ています。王道のステータスカードを持ちたい人におすすめです。

ゴールドカード

ゴールドカードの高いステータス性は多くの人に認知されています。各カード会社はゴールドカードの審査基準を下げる傾向にあり、取得難易度はそれほど高くありません。

以下、詳しい取得方法について紹介します。

1位:Luxury Card (ラグジュアリーカード) Titanium CARD

ラグジュアリーカード

年会費 50,000円+税

Luxury Card Titanium CARDは、MasterCardの最上位ステータス「ワールドエリート」が採用された日本初のクレジットカードです。申込基準は学生を除く満20歳以上の人です。

カード素材に特徴があり、重量感のある金属製カードです。表面にブラッシュド加工されたステンレス、裏面はカーボン素材を重ね合わせたものになっています。

プラチナランク以上のサービス「24時間コンシェルジュサービス」や、世界中の航空会社のVIPラウンジを無料利用できる通常年会費429ドルの「プライオリティパス・プレステージ会員」が無料付帯しています。

カードデザインからサービス内容までとてもラグジュアリーなカードで、高級感のあるクレジットカードを求めている人におすすめです。

2位:JAL CLUB-Aゴールドカード (DC)

JAL CLUB-Aゴールドカード

年会費 16,000円+税

申込基準は満20歳以上で、一定以上の勤務年数・安定収入のある人です。

JAL CLUB-Aゴールドカード(DC)は、JAL(日本航空)が三菱UFJニコス株式会社と提携し発行するゴールドカードです。JAL利用時に以下のサービスが受けられます。

  • JALカードツアープレミアム:年会費2,000円+税で、対象割引運賃でJAL便に搭乗した際、区間マイルの100%のマイルが貯まる
  • JALカードショッピングマイル・プレミアム:通常年会費3,000円+税が無料付帯。カード利用100円ごとに1マイル、特約店では100円ごとに2マイル貯まる
  • JALパック(国内・海外パッケージツアー)割引サービス:最大5%割引

JALカード会員は、さらに以下の3つのボーナスマイルが付与されます。

  • 入会搭乗サービス:カード入会後初搭乗時に5,000マイル
  • 毎年初回搭乗サービス:入会搭乗サービス獲得年の翌年以降、毎年初回搭乗時に2,000マイル
  • 搭乗ごとのボーナス:搭乗する度、区間マイルの25%がプラスでもらえる

JALマイルを貯めやすいため、JALを良く利用する人におすすめのゴールドカードです。

3位:三井住友VISAゴールドカード

年会費 10,000円+税

申込基準は満30歳以上の安定した収入のある人です。三井住友VISAプライムゴールドカードを保有し、満30歳を迎えた初回更新時に取得することもできます。

年会費は初年度無料です。翌年度以降も以下の条件を満たせば、4,000円+税に抑えることが可能です。

  • マイ・ぺイすリボ:毎月の支払金額を自分で設定するサービス。登録して年1回以上利用すれば年会費半額
  • カード利用代金WEB明細書サービス:カードの利用明細書を郵送ではなく、WEB上で確認する方法。利用すれば年会費が1,000円+税引き

全国の28空港のラウンジが無料利用できたり、指定の旅館やホテルに宿泊する際に3,000円の会員割引が受けられたりとサービスは充実しています。

銀行系の三井住友VISAゴールドカードはステータスも高く、条件付きで年会費が格安になるため、ゴールドカード初心者におすすめです。

4位:JCBゴールド EXTAGE

JCB GOLD EXTAGE

年会費 3,000円+税

申込基準は満20歳以上29歳以下の人、つまり20代限定のゴールドカードです。WEB入会で年会費が無料となるのも大きいです。

JCBゴールド EXTAGEは入会後、30歳を超えた最初の更新時に「JCBゴールド」に自動的に切り替わります。JCBゴールド EXTAGEを取得することで容易に上位カードの取得が可能です。

20代限定カードとはいえ、サービス内容は充実しており、年会費やポイント還元率はJCBカードゴールドに劣りません。

格安の年会費と継続利用で上位カードの自動切り替えが確約されているため、審査なく上位カードの取得がしたい人におすすめです。

5位:アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

年会費 29,000円+税

申込基準は満25歳以上で、日本国内に定住・定職・定収入があり、他社での滞納履歴がない人です。アメリカン・エキスプレス・グリーンカードからのインビテーション経由でも取得できます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは高ステータスだけでなく、旅行サービスに強い特徴があります。

最高5,000万円の海外旅行保険が自動付帯、利用付帯で最高1億円に補償金額が増額されます。国内旅行保険も付帯しており最高5,000万円の利用付帯です。

国内主要空港のラウンジが本人と同伴者1名まで無料利用でき、プライオリティ・パスが無料付帯しているため海外主要空港のラウンジも年2回まで無料利用できます。

世界中で認められているステータスカードであるため、認知度の高いゴールドカードを取得したい人におすすめです。

一般カード

一般カードはステータス性は高くはないものの、コスパに優れています。年会費無料のカードが多く、自分に合った最適な1枚を探してみてはいかがでしょうか?

おすすめの一般カードの特徴を紹介します。

1位:楽天カード

年会費 無料

申込基準は満18歳以上の人で安定した収入のある人です。本人に収入がなくても世帯収入があれば、専業主婦や学生でも取得できるハードルの低さが特徴です。

通常100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが付与されます。独自のポイントプログラムによって、楽天サービスを利用するほどポイント付与がアップします。(最大16倍)

貯まった楽天スーパーポイントは、楽天サービスを利用する際に1ポイント1円で利用できます。つまりポイント還元率は1.0%です。

楽天サービスを利用している人に恩恵が大きく、利用していない人でもポイント還元率が高く使いやすいカードであるため、初めてクレジットカードを持つ人におすすめです。

2位:Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

年会費 無料

Orico Card THE POINTは、通常100円につき1ポイントのオリコポイントが付与されポイント還元率が高く、入会後6ヶ月間はポイント還元が2倍となり大変お得です。

申込基準は高校生を除く満18歳以上の安定した収入のある人です。専業主婦や大学生、年収200万円以下のフリーターでも発行している実績があり、審査ハードルは高くないです。

オリコが運営するポイントサイト「オリコモール」を経由することで、一律0.5%のポイントボーナスが加算されます。対象のショップ利用でボーナス(最大15%)も加算されるため、ポイント付与最大値は16.5%です。

貯まったオリコポイントは様々なものに交換できますが、交換先によってポイント還元率が変わります。

  • Amazonギフト券:500ポイント→500円分
  • Google Playギフトコード:500ポイント→500円分
  • dポイント:500ポイント→500ポイント
  • Tポイント:500ポイント→500ポイント
  • ANAマイル:1,000ポイント→600マイル
  • JALマイル:1,000ポイント→500マイル

オリコモールには「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」など大手ショッピングサイトも登録されているため、普段からネットショッピングをしている人におすすめです。

3位:JCB CARD W/JCB CARD W plusL

JCB CARD WJCB CARD W plusL

年会費 無料

申込基準は高校生を除く満18歳以上39歳以下の人です。通常1,000円につき2ポイントのOkiDokiポイントが付与されます。

全年齢向けの「JCB一般カード」と比べ、ポイント付与が2倍となっており、ポイント還元の高さが特徴です。40歳以上でも、39歳以下の時点で申込を済ませていれば継続して利用できます。

以下の「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」の対象店舗を利用することで、さらにポイント付与がアップします。

  • 昭和シェル:2倍
  • 一休.comレストラン:3倍
  • セブンイレブン:3倍
  • Amazon:3倍
  • スターバックス:10倍

貯まったポイントは他社ポイントやマイルに交換できます。交換先によって移行レートが異なり、ポイント還元率は0.6%~1.0%です。

JCBカードの中でもポイント還元率が高いJCB CARD W/JCB CARD WplusLは、39歳以下の人でクレジットカードを検討している人におすすめです。

4位:リクルートカード

年会費 無料

申込基準は高校生を除く満18歳以上で、本人もしくは配偶者に安定した収入のある人です。

リクルートカードは年会費無料のクレジットカードの中でもポイント還元率が高水準です。毎月の利用合計金額から1.2%のリクルートポイントが付与されます。

ポイントモール「ポンパレモール」利用で、3.0%から最大20.0%のポンタポイントが付与されます。基本ポイントの1.2%を加味すると4.2%~21.2%のポイントが還元されます。

リクルートポイントやポンタポイントは、他社ポイントやJALマイルなどに交換できます。リクルートポイントをポンタポイントに換えることで、ポンタ加盟店で使用できます。

年会費無料で他社カードよりもお得にポイントを貯めたい人におすすめです。

5位:イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

年会費 無料

イオン銀行の発行するクレジットカードで、主にイオングループでの買い物で優遇される特典が充実しています。通常200円につき1ポイントのときめきポイントが付与され、イオン系列店利用時はポイントが2倍です。

申込基準は高校生を除く満18歳以上でイオン銀行の口座を持っている人です。審査難易度の低い「流通系」クレジットカードで、学生も申込可です。

電子マネー「WAON」を活用することでポイントの二重どりが可能です。方法はWAON残高が設定額を下回るとイオン銀行口座から自動的に引き落としされるように、オートチャージ設定をすることです。

  • イオンカードセレクトからWAONへチャージ:200円につき1ポイント付与
  • WAONで決済:200円につき1ポイント付与(イオン系列店利用時は2倍)

通常0.5%のポイント還元率ですが、ポイント二重どりを行えば200円につき2ポイント付与となり、ポイント還元率は1.0%です。イオン系列店舗利用時には1.5%です。

イオンカードセレクトはポイントの二重どりをしてポイントを賢く貯められます。そのためイオン系列店舗を良く利用する人におすすめです。

クレジットカードのランクを理解して、自分にピッタリのカードを持とう!

クレジットカードはランクが高いほど年会費が高額になりますが、それに見合うサービスやステータスがあります。特にブラックカードは富裕層の中でも限られた人しか取得できません。

ブラックカードや一部プラチナカードは、下位カードから地道にクレヒスを積み上げてインビテーションを待つ以外の取得方法はなく、ハードルは極めて高いでしょう。

ゴールドカードは以前に比べ取得のハードルが落ちているため、取得は難しくありません。一般カードの特典やサービスでは足りない人にはおすすめのランクです。

クレジットカードのランクを理解して、自分に合ったランク・サービス内容のクレジットカードを見つけてください。