クレジットカードにキャンペーンでお得に入会しよう。おすすめキャンペーンを紹介

クレジットカードを作成する際は、できるだけキャンペーンを利用することをおすすめします。

キャンペーンで代表的なのは、入会するだけでポイントやマイルがもらえたり、キャッシュバックが受けられたりするものです。

その恩恵を最大限受けるためには、一定額利用する・リボ払いに設定するなど条件があります。

どうせクレジットカードを作成するなら、良いタイミングで入会したいと誰もが思うものです。ただ、カード会社は数多く存在し、全てのキャンペーンを把握することは難しいです。

そのため、今回はおすすめのキャンペーンを実施しているクレジットカードを目的別で抜粋し、詳しく解説していきます。

目的別・クレジットカードキャンペーン2019年最新】

「ポイントやマイルの高還元」「キャッシュバック」など、特典がお得なクレジットカードを抜粋します。

キャンペーンがお得でも審査を通過しなければ、クレジットカードを所持できません。中でも比較的審査の甘いおすすめクレジットカードも合わせて紹介します。

ポイント・マイル高額還元あり!お得なクレジットカードキャンペーン3選

ポイントやマイルを通常よりも効率的に貯められるキャンペーンは、金券や他社ポイントに交換する際に大きな節約に繋がるので、とても魅力的です。

数あるキャンペーンの中、特にポイントやマイルが高額還元のおすすめキャンペーンについて、いくつか抜粋しました。以下、解説していきます。

おすすめキャンペーン①イオンカードセレクト:最大15,000ポイント獲得

イオンカードセレクト

2019年12月13日~2020年2月29日にWebで新規入会した人に限り、対象期間中の利用金額に応じて最大15,000ポイント獲得できるキャンペーンを実施しています。

獲得ポイントは、利用金額に応じて以下が適用されます。

  • 合計2万円以上5万円未満 2,800ポイント
  • 合計5万円以上10万円未満 7,000ポイント
  • 合計10万円以上 14,000ポイント

通常のポイント付与は200円につき1ポイント、イオングループ対象店であれば200円につき2ポイントで、10万円をカードで支払うと500~1,000ポイントが付与されます。

イオングループ対象店で10万円分カード利用した場合 1,000(通常ポイント)+14,000ポイント(利用特典)=15,000ポイント

通常ポイントは翌月に反映されます。利用特典のポイント付与は2020年6月2日の請求明細で反映されます。

おすすめキャンペーン②JALカード:JALマイルが最大11550マイル獲得

JALカード

2019年10月1日~2020年1月15日の期間中、入会&利用で最大11,550マイルもらえるキャンペーンを実施しています。

入会ボーナスは、カードごとにもらえる最大マイルが異なります。

入会ボーナスJALカードショッピングマイル・プレミアム入会ボーナス入会搭乗ボーナスJALカードアプリ ダウンロード・ログインボーナスマイル合計
普通カード3005001000501,850
CLUB-Aカード1,5005005,000507,050
CLUB-Aゴールドカード2,5005005,000508,050
プラチナカード5,0005005,0005010,550
マイルがもらえるタイミング参加月の翌月末入会月の翌月末フライトマイルに積算入会月の翌月末

「JALカードショッピングマイル・プレミアム」とは、年会費3,000円+税でショッピングマイルが2倍貯まるサービスです。(通常200円1マイル→100円1マイル)

「JALカードアプリ」 とは、ショッピングマイルの確認や各種キャンペーンの参加などがスマートフォンから簡単にできます。

利用特典が受けられる対象は、ショッピングマイル・プレミアムに入会し、入会後翌々月末までのカード利用額が合計30,000円(税込)以上の人です。

抽選で5人に1人の割合で1,000マイルもらえます。マイルがもらえるタイミングは、2020年7月末を予定しています。

おすすめキャンペーン③ANAダイナースカード:最大71000マイル

ANAダイナースカード

2019年10月16日~2020年1月31日の期間中、一定の条件を満たすと最大71,000マイルがもらえるキャンペーンを実施しています。

  1. 新規入会で「2,000マイル」
  2. 集計期間内(入会月から3ヶ月後末)までに、合計50万円以上利用で「38,000マイル」
  3. 2を達成後、集計期間内(入会月から3ヶ月後末)までに、さらに合計40万円以上利用で「20,000マイル」
  4. キャンペーン期間中に家族カードとビジネス・アカウントカードに追加入会で「2,000マイル」
  5. 2~3を利用した通常ポイント(100円につき1ポイント)で「9,000マイル」

ただし、2と3はキャッシングサービスやカードローン、電子マネー決済分は対象外です。

4は新規入会後、2を達成することが条件です。詳細は以下の通りです。

  • 家族カード追加入会 「1,500マイル」
  • ビジネス・アカウントカード追加入会 「500マイル」

1~5を達成すると2020年7月下旬にマイルがもらえます。

5は利用時の加盟店によっては、100円につき1ポイントの換算でない場合があります。

キャッシュバックがあるクレジットカードキャンペーン3選

ポイントやマイルが還元されるキャンペーンは、クレジットカード会社によってポイント還元率が異なるため、比較しにくいものです。

一方、キャッシュバックキャンペーンは、お得感がわかりやすいメリットがあります。

以下、お得なキャッシュバックキャンペーンを実施しているクレジットカードについて、解説します。

おすすめキャンペーン①三井住友VISAカード:2つのプランであわせて最大10,000円プレゼントキャンペーン実施中

2019年12月26日~2020年3月31日の期間中、「マイ・ペイすリボ」に登録・利用すると、2,000円プレゼントキャンペーンを実施中です。

条件は期間中に対象カードに新規入会し、「マイ・ペイすリボ」に登録して、カード入会月の3ヶ月後末日までに6万円以上カード利用することです。

「マイ・ペイすリボ」とは、事前に設定した金額を超過したショッピングのカード払いが、自動的にリボ払いになる支払い方法です。

プレゼント付与はカード入会月+4ヶ月後末日までに請求額から減算されます。請求額がプレゼント金額を下回っていれば、決済日に決済口座に振り込まれます。

さらに、2019年6月1日から実施中の「キャッシュレスプラン」に新規入会&Vpassアプリログインで、利用金額の20%(上限8,000円)をプレゼント中です。

8000円キャッシュバックの条件は期間中に新規入会して、カード入会月の2ヶ月後末までに4万円以上カード利用し、1回以上Vpassアプリをログインすることです。

毎月の利用金額の20%が、カード利用月の2ヶ月後末までに毎月プレゼントされます。

おすすめキャンペーン②JCBカード:スマリボ新規登録・利用で4,000円キャッシュバック

2019年11月1日~2020年3月31日の期間中にスマリボに新規登録し、2020年5月15日までに合計6万円以上利用すると、4,000円のキャッシュバックが受けられます。

スマリボとは、ショッピングの支払いを自動的にリボ払いにするサービスです。

ただし、2019年10月31日時点でスマリボに未登録の人が対象で、キャッシュバックを受ける2020年8月まで、スマリボの継続登録が必要です。

キャッシュバックは、2020年8月支払い分のカード利用明細から減算されます。この時点で退会している場合はキャッシュバック対象外です。

おすすめキャンペーン③dカードゴールド:最大15000円相当のiDキャッシュバック

2019年12月23日現在、入会&利用特典として合計最大15,000円相当のiDキャッシュバックが受けられます。

  1. 2019年10月1日~2020年3月31日の入会で「2,000円分」
  2. 入会後すぐに「2,000円分」
  3. 毎月のドコモの利用料金をdカード払いにすると「1,000円分」
  4. 入会月の翌月末までにエントリー&利用で「8,000円分」
  5. 「こえたらリボ」と「キャッシングリボ」設定で「1,000円分」ずつ

それぞれの用語の説明は以下の通りです。

  • 「iD」→NTTドコモの電子マネー
  • 「こえたらリボ」→あらかじめ決めた金額の超過分だけリボ払いにするサービス
  • 「キャッシングリボ」→キャッシングの利用代金をリボ払いで返済するサービス

4はドコモの利用料金や電子マネーチャージを除いて、20,000円(税込)以上の利用が条件です。

5は入会月の翌月末までに専用ページからエントリーし、翌々月末までに設定する必要があります。こえたらリボは、指定金額を3万円以下にしなければキャンペーンの対象になりません。

キャッシュバックのタイミングは、1~3は入会後最初の請求確定時、4~5は入会完了月の4ヶ月後、請求額から減算されます。

審査が比較的甘いクレジットカードキャンペーン中のものは?

せっかくお得なキャンペーンでも、入会審査に通過しなければ意味がありません。

自分の信用情報に自信がない人は、以下のクレジットカードに申し込んでみてはいかがでしょうか?

これらは他社よりもハードルが低く、比較的審査が甘い傾向があります。

エポスカード:2000円のポイント&即日発行も

エポスカード

2019年12月23日現在、新規入会で店頭受取を選ばなければ、2,000エポスポイントがもらえます。

エポスカードは全国のマルイ店舗のカードカウンターで、即時発行が可能です。即時発行のために店頭受取にする人が多いため、2,000エポスポイントをもらいたい人は注意が必要です。

ただし、店頭受取の場合は2,000エポスポイントの代わりに、マルイ店舗で利用できる2,000円分のクーポン券がもらえます。

クレジットカードキャンペーンが多い時期は?

キャンペーンの主な目的は、カード利用者を増やすためです。このため、自動的に顧客が増える繁忙期より、閑散期に手厚い内容のキャンペーンを実施する傾向にあります。

一般的に3~4月は、入学や入社で新生活を始める人が多く、わざわざキャンペーンを打ち出さなくても利用者は増えるため、キャンペーンは少なめです。

また、人事異動や転勤が集中する9月も同様に、カードの新規入会需要が高まります。

9月に需要が高まるのは、指定の引っ越し業者を利用すると、割引や追加ポイントが付与されるサービスがあるからです、

例えば、以下のカード会社のサービスがあります。

  • 三井住友カード(引っ越し料金30%オフ)
  • JCBカード(130ボーナスポイント付与)

繁忙期はキャンペーンを実施するカード会社は少なく、閑散期の5~6月や10~11月は申込が減るため、キャンペーンが多くなる傾向にあります。

2019年は消費増税・キャッシュレス推進でキャンペーンがさらに充実

2019年10月の消費税10%引き上げに伴い、「キャッシュレス・消費者還元事業」が実施されています。

主にキャッシュレス決済の促進が目的で、中小の小売店で5%、コンビニやフランチャイズチェーン店で2%のポイントが国などの負担で還元されます。

PayPay(1.5%~5%還元)や楽天ペイ(5%還元)などの電子マネーサービスは、国の還元策とは別に、還元キャンペーンを実施しています。

以下の大手クレジットカード会社もこの制度に合わせ、還元キャンペーンを打ち出しました。

  • JCBカード:指定のJCBカードをApplePay・GooglePayに登録して決済すると、利用金額の20%を還元(上限1万円)
  • 三井住友カード:三井住友カードを新規発行し、カード決済すると、利用金額の20%を還元(上限8,000円)

キャッシュレス・消費者還元事業は、2020年6月末までの事業です。終了時期まで半年余りしかなく、大きな買い物は早めの購入をおすすめします。

クレジットカード入会特典目当てで申し込むのってあり?

各クレジットカード会社が実施する入会特典は、どれも魅力的です。つい入会特典目当てで申し込んでしまった人は少なくないでしょう。

クレジットカード会社も新規利用者の開拓でキャンペーンを展開しており、一部の利用者がすぐに解約することも想定しています。

このため、入会特典目当てで申し込み、入会特典をもらってすぐに解約することも、特に問題はありません。

ただ、全ての利用者に入会後即解約されてはクレジットカード会社は大損するため、以下の対策を講じている場合が多いです。

  • 利用することが条件
  • 利用金額に応じた特典
  • 特典進呈が遅い

利用を前提に入会特典を付ければ、クレジットカード会社にとって利益が見込めます。利用金額に応じた特典を設定すれば、利用金額の増加も期待できます。

特典進呈を遅く設定しているのも、少しでも契約期間を延ばそうとするカード会社の工夫でしょう。

注意点①解約する場合は時期を見計らって

クレジットカードを発行するには、必ず審査があります。

クレジットカード会社は審査の際、信用情報の確認をします。信用情報は直近6か月間のローンやクレジットカードの申込履歴が開示されています。

このため、短期間に複数枚の申し込みや解約があれば不審がられ、審査に通りにくくなります。

1ヶ月に3枚以上クレジットカードに申し込むと、「申し込みブラック」になります。申し込みブラックとは、多重申し込み扱いとなりブラックリスト入りしてしまうことです。

申し込みブラックになると、信用情報の開示期間である6ヶ月間は、一切の申し込みができなくなります。

クレジットカードの申し込みは、1ヶ月2枚までに留めておく必要があります。解約も時期を見計らって行いましょう。

注意点②キャンペーンの特典が付与される時期も要チェック

せっかく入会特典の条件を満たしても、付与される時期を確認しておかなければ、特典をもらい損ねてしまう可能性があります。

特典を受ける対象は「カード会員」です。つまり、特典付与前にカードを解約する(カード会員ではなくなる)と、入会特典をもらう権利が喪失し、もったいないことになります。

さらに入会特典がポイントであった場合、ポイントを使い切る前にカードを解約すると、ポイントが使用できません。

解約する予定があれば、事前にポイントを使い切ってから解約しましょう。

カードの解約は簡単ですが、キャンペーンの特典が付与される時期を見極めなければ、付与されない・付与されても使えないケースになるため注意が必要です。

注意点③キャンペーンの特典が付与される条件も要チェック

クレジットカードキャンペーンで「最大〇〇ポイントプレゼント」など書いてあっても、入会するだけでもらえるポイントはその一部です。

実際に最大ポイントをもらうためには、一定金額以上のカード利用やリボ払いの設定、家族カードの発行などの条件があります。

一定金額以上のカード利用は、携帯電話や公共料金の支払いなどをカード利用にまとめてしまえば、それほどハードルは高くありません。

リボ払いは毎月の返済額によっては完済が長期になり、それに伴って手数料が発生するため、かえって損をする懸念があります。

家族カードの発行は無料の場合もありますが、年会費や発行にお金がかかるクレジットカード会社もあります。初年度無料のクレジットカードは、2年目以降は有料会員になります。

これらの場合、ポイント目当てで条件を満たしても結果的に損をする可能性があるので、事前によく計算しましょう。

クレジットカードキャンペーンを活用してお得に入会しよう

ここまで、目的別におすすめのキャンペーンを紹介しました。キャンペーンを利用して入会すれば、間違いなく通常入会よりも恩恵が大きいです。

カード各社は利用者を増やすため、様々な独自のキャンペーンを展開しています。何となく申し込むのではなく、自分の望む特典が得られるカードを選んで、特典の恩恵を最大限受けましょう。

リサーチの際は、ぜひ上記で紹介したカードの情報を参考にしてください。

キャッシュバックや追加ポイントの付与など、キャンペーンは魅力的です。ただし、特典を得る条件の中には、金銭負担が発生するものもあるため、結果的に損にならないよう気を付けてください。

また、キャンペーンは時期が限られています。自分の求める特典がある時期を見計らって、時期を逃すことなく申し込むようにしましょう。