エポスカードの審査基準は?発行までの日数や注意点を解説!

エポスカード

エポスカードの発行を考えている人は審査について気になっているのではないでしょうか。審査は多くの人が気になる部分です。

そのような人に向けて今回はエポスカードの審査について詳しく解説をしています。

エポスカードの申し込みから審査が実施されているのかについてご説明しています。

また、エポスカードの審査に通過するための基準についてもご紹介しています。

審査に通過できる人と通過できない人の違いについてもご説明していますので、エポスカードの審査が気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

エポスカードの審査難易度は?甘いって本当?チェックポイント4つ

エポスカードの審査難易度は他のクレジットカードと比較すると甘いと言われることがあります。

発行しやすいクレジットカードだと考えられているのです。

実際にエポスカードは審査の難易度が甘いのかどうかについて考察していきます。

エポスカードの審査基準は比較的甘い

エポスカードは設定されている審査基準から審査の甘いクレジットカードであると考えられます。

クレジットカードによっては厳しい審査基準が設けられています。

ただ、どのような基準が設けられていると審査難易度が甘いと言えるのかは判断できないことでしょう。

クレジットカード初心者には難しい情報です。

エポスカードの審査基準が甘いと言える理由は四つあります。

以下ではそれぞれの理由について具体的に説明していきます。

エポスカードの審査ポイント①年齢

エポスカードは18歳から申し込み可能なクレジットカードです。

クレジットカードに申し込みができる最低の年齢から申し込みが可能です。

クレジットカードによっては20歳からしか申し込みができません。

それらと比較すると審査基準は甘いと考えられます。

エポスカードの審査ポイント②世帯年収

エポスカードはクレジットカードの申し込みに具体的な世帯年収条件を設けていません。

クレジットカードの中には300万円以上や500万円以上など設定されているものもあります。

世帯年収の審査基準が設けられていないということは、基本的には誰でも申し込みできるクレジットカードだということです。

幅広い人に向けて発行されているクレジットカードです。

もちろんどのような年収でも審査に通過できるわけではありません。

ただ、下限が設定されていないという意味で審査基準の甘いクレジットカードです。

学生・専業主婦・無職でも可能?

エポスカードは学生や専業主婦でも申し込みが可能なクレジットカードです

クレジットカードの申し込み時の職業にこれらの選択肢が用意されています。

特に学生や専業主婦に関しては、審査時に保護者や配偶者の信用力を利用する方法が採用されています。

この方法が採用されていることによって、本人が働いていない場合でもクレジットカードの発行がされる場合があります。

それに対して、学生や専業主婦に該当しない無職の場合には発行することは難しいです。

何かしらの職についていくことが基本的には求められています。

エポスカードの審査ポイント③信用状況

エポスカードは信用情報を特段重視しているクレジットカードではありません。

最低限、クレジットカードが正しく利用できていれば審査に通過する傾向にあります。

クレジットカードの利用履歴は信用情報に記録されます。クレジットカードを利用して正しく支払いができているかなどが記録されるのです。

クレジットカードの審査時にはこの情報が利用されます。他社のクレジットカード利用状況なども含めて審査が実施されるのです。

クレジットカード会社によっては信用情報がとにかく新しい情報でも揃っていないと安心さを見送るところもあります。

一度でも支払い遅延があればクレジットカード発行しないのです。

それに対してエポスカードの審査の傾向では支払遅延を起こしたことがある人でも発行されたケースがあります。

その点で信用情報に関しても審査基準は甘いと判断できます。

エポスカードの審査ポイント④年収

クレジットカードの審査ですので、本人の年収も審査基準に含まれています。

世帯年収よりも重要視されていると考えましょう。

エポスカードの審査において最低限の年収は定められていません。

いくら以上年収がないと申し込みができないというクレジットカードではありません。

ただ、年収が0円の場合には学生と主婦を除いて審査に通過するのは難しいです。

本人に年収がない無職の状態ではエポスカードの審査に通過できません。

具体的にどのくらいの年収が必要であるかどうかの基準は公開されていません。

口コミから判断をすると、最低限年収は150万円程度必要なようです。

必要とされる年収は既に発行されているクレジットカードの枚数などによっても左右されます。

初めてのクレジットカードで申し込みをする場合、最低限年収は150万円以上必要だと考えておきましょう。

エポスカードの審査に賃貸住宅だと落ちるって本当?

居住地が賃貸住宅の場合、エポスカードの審査に落ちてしまうと言われることがあります。しかしこれは事実ではありません。

エポスカードの審査において居住地が賃貸住宅であることによって一概に審査落ちすることはありません。

そのような審査基準は公開されていませんし、実際に居住地が賃貸住宅でも審査に通過している人はいます。

エポスカードの申し込みをする際に居住地についての情報も入力しなければなりません。賃貸住宅であればその旨を入力します。

この情報は万が一クレジットカードの支払いが困難になった場合、何かしら固定資産を有しているかどうかの判断に利用されています。

現金化してでも支払いができるかどうかの判断です。

ただ、この情報は審査に大きな影響は与えていないと考えられます。そのため、賃貸住宅であるからといって審査に落ちることもありません。

エポスカードに審査落ちして再申し込みすると通る?

エポスカードに再度申し込みをして審査に通過できるかどうかは申し込みの状況が変わっているかどうかによります。

年収などの状況が全く変わっていないのであれば、再度審査に落ちてしまう可能性が高まります。

逆に年収が上がっていたりクレジットカードの支払い遅延が解消されていると審査に通過できる可能性もあります。

前回よりも状況が良くなっていることが条件です。

職場の変更や年収のアップなどがない状態で申し込みをしても良い結果は期待できません。

クレジットカード会社が改めて審査に通過させる要素がないのです。

また、エポスカードの審査に落ちてしまった場合には半年間クレジットカードの申し込みを控えましょう。

そうすることで信用情報からクレジットカードの申し込み履歴が削除され、まっさらの状態で審査が受けられます。

エポスカードの審査に通過するポイント

エポスカードの審査に通過するためにはいくつかのポイントがあります。

一つ目は、申込みの内容を不備なくすることです

申し込み内容に不備があるとクレジットカード会社からの問い合わせなるが発生してしまいます。

場合によっては不備があることで、虚偽の内容で申し込みをしたと判断されてしまいます。

そうならないように正しい情報で申し込みをしましょう。

二つ目は、複数のクレジットカードに同時に申し込みをしないことです

いわゆるクレジットカードの多重申し込みを避けなければなりません。

多重申し込みはクレジットカード会社に悪印象を与えてしまいます。

とにかくクレジットカードが必要な人との印象を与えるのです。

クレジットカード会社もそのような人への発行は警戒してしまいます。

無駄に悪印象を与えないためにも、多重申し込みは避けるようにしましょう。

エポスカードの審査基準は甘い!それでも落ちるパターン4つ

クレジットカードの中でもエポスカードの審査基準は甘いものです。ただ、それでも審査に落ちてしまう人がいます。

それではどのような理由で審査落ちするのでしょうか。

審査に落ちると考えられるパターンを4つご紹介します。

エポスカードの審査に落ちるケース①世帯収入がない人

世帯年収がない場合審査に落ちる可能性が高いです。

世帯で誰も収入がありませんので当たり前と言えば当たり前です。

クレジットカードは毎月の収入から支払いをすることが求められています。

貯金から支払いをするのではなく、毎月収入がありその収入から支払いをすることが前提です。

そのような前提から考えると、仮に貯金で生活していたとしても世帯年収がない場合には審査に通過できません。毎月の収入自体はゼロだからです。

貯金があればクレジットカードの支払いができると考えるかもしれません。

世帯年収がなくても支払いさえできれば良いと考えるのもおかしなことではありません。

しかし、クレジットカードの審査では毎月の収入が重要視されています。

世帯年収がない場合には審査に通過できません。

エポスカードの審査に落ちるケース②返済遅延や滞納の履歴がある人

今までにクレジットカードの支払い遅延を引き起こしたり支払いの滞納を引き起こしていると審査に落ちる可能性が高いです。

これはクレジットカードの審査時に利用される個人信用情報から確認できます。

クレジットカードは信用力が求められる支払い方法です。

クレジットカード会社との信頼関係を結ぶことによってクレジットカードは発行されます。

他の会社などでクレジットカードの支払い遅延をしていると、エポスカードの支払いも遅延してしまうと警戒されてしまいます。

他のクレジットカードを利用した時と同様に信用力のない人だと判断されてしまいます。

信用力がなければクレジットカードは発行できません。

他のクレジットカードでの支払い遅延や滞納が原因で審査に落ちる可能性があります。

エポスカードの審査に落ちるケース③多重申込している人

上記でも説明したクレジットカードの多重申し込みによって審査落ちしている可能性があります。

短期間に多数のクレジットカードに申し込みをしているケースです。

具体的にどれくらいの枚数に多重申し込みをすると審査落ちするといった基準はありません。

ただ、同日に複数のクレジットカードに申し込みをするなど、明らかに多重申し込みであると判断できる場合には審査落ちの可能性が高まります。

数日の期間を空けていると多重申込みにはならない可能性もあります。

しかし、信用情報でクレジットカードの申し込み履歴は確認できますのであまり良い印象は与えないことでしょう。

基本的には一週間など短い期間で複数のクレジットカードに申し込みをすると多重申し込みに該当します。

他のクレジットカードに申し込みをした後は、エポスカードの申し込みまで期間を空けましょう。

エポスカードの審査に落ちるケース④借金などブラックリストに載っている人

借金などのブラックリストに載っている人も審査に落ちる可能性があります。

ただ、実際にブラックリストと呼ばれるものが存在しているわけではありません。

一般的にブラックリストと呼ばれているのは、個人信用情報に「異動」の記載がある人です。

これはクレジットカードやローンの支払いが長期間遅延したことを表しています。

この記載がある場合にはほぼ全てのクレジットカード審査に通過できません。

完全に信用力がない人と判断される状態です。

クレジットカードの支払いだけではなくローンなどの支払いが遅延してもこの状態になる可能性はあります。

借金が原因でブラックになる可能性もあります。

また、借金の借入金額が大きくなることでブラック扱いされることもあります。

これには明確な基準がありませんが、エポスカードの判断でリスク回避のために審査落ちすることがあります。

エポスカードの審査の流れ・結果確認する方法は?

エポスカードの申し込みが審査の流れはどうなっているのでしょうか。

また、審査結果はどのように確認すれば良いのでしょうか。

クレジットカードを発行するにあたり気になる部分です。

エポスカードの申し込み方法や審査結果の確認方法をご説明します。

エポスカードの申込方法・流れ

エポスカードの申し込みはインターネットか店頭で手続きをします。

店頭の場合には担当者から説明を受けられますので、インターネットからの申し込みについてご説明します。

公式サイトにアクセスするとエポスカードの申し込みが案内されています。

こちらをクリックして申込みページへ移動しましょう。

申し込みページではクレジットカードの申し込みに必要な情報を入力します。

個人情報や勤務先の情報が必要です。

個人情報の取り扱いなどに同意をして後は申し込みをするだけです。

エポスカードの本人確認の方法は?

ネットで申し込みをした場合、エポスカードの本人確認はクレジットカードの受取時となります。

申し込み時に本人確認書類を提供するわけではありません。

エポスカードの審査に通過した場合、カードは日本郵便の本人限定受取郵便で郵送されます。

これは誰でも受け取れる郵便物ではなく、本人確認書類を提示して名前や住所などが一致した場合に受け取りができるものです。

エポスカードは本人確認を、本人限定受取郵便を利用することによって実施しています。

一部のクレジットカードでのみ採用されている方法です。

本人確認をするためにはエポスカードが郵送されてきた際に、運転免許証やパスポートなどの身分証明書を提示します。

これを郵便局の職員が確認をして、郵便物に記載されている内容と齟齬がない場合にのみ受け取りができます。

エポスカード審査状況確認方法①エポスカード発行状況照会

エポスカードの発行状況は、公式サイトにある「エポスカード発行状況照会」から確認できます。

簡単に審査の状況などが確認できるサイトです。

審査の状況を確認するためには、基本的に受け付け時に発行される受付番号が必要です。

受付番号と生年月日があれば簡単に状況が照会できます。

ただ、受付番号が不明な場合でも状況の照会は可能です。

この場合には申し込み時の情報である氏名や生年月日と電話番号の入力が必要です。

これらの情報を利用しても照会ができますので受付番号がわからなくても心配の必要はありません。

照会画面ではクレジットカードの審査状況のなどが確認できます。

審査に通過している場合には発行状況についても確認ができます。

エポスカード審査状況確認方法②電話での確認は可能?

残念ながら、電話での確認は基本的にできません。

特に申し込み土日の場合、すぐに審査結果がわからず電話で確認したくなるかもしれません。

しかし、そもそも土日は審査結果が出るまで時間が必要となりますので待たなければなりません。

土日以外の場合でも審査結果はメールで届きます。

メールで審査結果を確認しなければならないのです。

基本的には電話で審査結果を直接確認することは不可能です。

ただ、場合によっては審査が完了しているにもかかわらずメールが届かないことも考えられます。

そのような問題が発生していると考えられる時には、電話連絡をすることによって審査が完了しているかどうかを教えてもらえる可能性はあります。

エポスカード審査状況確認方法③メールでの確認は可能?

メールで審査の状況を確認することは可能です。

ただ、これは細かく連絡が来るものではなく大きな区切りでのみ来るものです。

例えばクレジットカードの申し込みが完了すると受付メールが届きます。

このメールが届いたことによって、エポスカードの審査が始まったことが確認できます。

他にも審査が完了すれば審査の完了メールが届きます。

ただ、審査の完了メールが届くまではどのような状況が確認できません。

現在審査が進められているのかどうかをメールで確認はできません。

また、メールが届くまでには少々時間がかかる場合もあります。

審査が完了するとすぐにメールが届くとも限りません。

エポスカードの審査時間は平均どのくらい?遅いと落ちてる?

エポスカードの審査時間はどれくらい必要なのでしょうか。

審査時間が長いと審査落ちしていないか気になる人もいるはずです。

審査時間は申し込みするタイミングによって左右されるものです。

ここでは平均してどれぐらいの時間が必要となるのかをご説明します。

エポスカードの審査にかかる時間は最短半日?土日を挟む場合は?

エポスカードに申し込みをすると審査に必要な時間はどれくらいからでしょうか。

申し込みをするにあたり気にしている人も多い部分です。

エポスカードの審査時間は申し込みをするタイミングによって左右されるとされています。

平均すると審査に半日程度必要であると言われています。

しかし、日中などエポスカードの営業時間内に申し込みをすると10分程度で審査結果が出ることもあります。

平均よりもはるかに早く結果が出ています。

逆に土日などエポスカードの営業時間外の場合、早くても翌営業日までに審査結果は自分が考えた方が良いでしょうか。

休日は審査に対応してもらえません。

エポスカードの審査は平日であれば半日を目安に考えておきましょう。

エポスカードを夜中に申し込んで翌朝審査結果が来ることもある?

エポスカードはネット申し込み可能なクレジットカードです。

そのため、申し込み時間に制限はなく夜中でも申し込み可能です。

中に申し込みをした場合、審査結果がいつ届くのか気になる人もいることでしょう。

実は深夜に申し込みをしても翌朝に届く事があります。

エポスカードはクレジットカード審査の中でも自動審査を採用していると考えられます。

これはクレジットカードの申し込み内容から機械的に審査をするものです。

この機械的な審査の結果を踏まえて、最終的に担当者がクレジットカードを発行するかどうかを決定していると考えられます。

つまり、人間が対応している部分は少ないのです。

その結果として深夜に申し込みをしても翌朝には審査結果が届いていることがあります。

エポスカードの審査結果が来ない場合は?

翌日にエポスカードの審査結果がこない場合、何かしらの理由で審査が滞っている可能性があります。

申込みの内容に不備がある可能性もありますし他の理由がある場合もあります。

エポスカードは人気のクレジットカードですので、純粋に混雑で審査に時間がかかっている可能性もあります。

これは私たちには判断できないことです。

そのようなことを踏まえると、申し込みをしてから2-3日は待機するようにしておきましょう。

この期間に審査結果が届く可能性もあります。

それだけ待ってもまだ審査結果が出ない場合は、クレジットカードの申し込み担当に電話をしても良いでしょう。

審査結果は出ているものの何かしらの理由で届いていない可能性もあります。

エポスカード再発行の場合審査状況の確認方法は?

エポスカードを単純に再発行する場合審査は実施されません。

すでに発行しているクレジットカードを改めて発行する作業が再発行です。

再発行作業についてはエポスカードの受付番号が発行されません。

そのためネットから再発行の状況についての確認は不可能です。

どれくらいの期間でエポスカードが再発行されるかは、エポスカードの再発行を申し込みした時に担当者から説明されます。

多くの場合1週間程度で再発行されます。

また、再発行に対して再入会と呼ばれるものもあります。

これは一度解約したエポスカードに再度入会をすることです。

この場合には新規の申し込みと同様の扱いになります。

そのため受付番号が発行されますしネットから状況の照会も可能です。

エポスカードは「カードの発行を承りました」から何日で届く?

エポスカードは審査が完了してから概ね1週間で届くクレジットカードです。

クレジットカードの発行速度としても標準的なものです。

ただ、エポスカードは本人限定受取郵便で送付されてきます。

こちらの郵便が届いたことを示す郵便局の連絡が届くまで1週間です。

実際にエポスカードを受け取りするためには、この連絡を受けて受取手続きをしなければなりません。

この期間を考慮すると、実際には受け取りまで2週間程度必要です。

エポスカードは審査が甘いけど多重申込には注意!

エポスカードはクレジットカードの中でも審査の甘いものに分類されます。

比較的甘い審査基準で発行されるクレジットカードです。

また、エポスカードは以下のとおり

  • 年会費無料
  • ポイント還元率は0.5%
  • マルイや提携店での割引などが受けられる

と魅力的なで使いやすいクレジットカードとなっています。

ただ、審査基準が甘いからといって誰でも発行できるクレジットカードではありません。

クレジットカードの審査がありますので、審査の結果として審査に落ちてしまう人もいます。

審査に通過することを考えるのであれば、最低限多重申し込みには気をつけておきましょう。

他のクレジットカードと同時に申し込みをすると、審査の甘いエポスカードでも落ちてしまう可能性があります。