楽天カードの枠はいくらまで?増額する方法や注意点を徹底解説!

楽天カードは審査がゆるく、作りやすいクレジットカードですが、枠がどうなるのかが気になります。

楽天カードを作ると枠の限度額はどの程度の金額になるのでしょうか。また、将来的に枠の限度額を増やす増枠をすることは可能なのでしょうか。

この記事では、楽天カードの枠の限度額や増枠の方法などを解説します。

ご一読いただくと、楽天カードの枠についての理解が深まり、増枠をする方法などがわかるようになります。

楽天カードの枠は最大いくら?自動で増額するって本当?

楽天カードを使って買い物をする際には、ショッピング枠の限度額が上限になります。

ショッピング枠の限度額は人によって違いがありますが、最大でどのくらいの金額になるのでしょうか?

ここでは、楽天カードのショッピング枠の限度額と増枠について説明します。

楽天カードの限度額(初期)

楽天カードの初期の枠は、5万円~100万円です。5万円と100万円では大きな差がありますが、枠の限度額の違いは、個人の信用力の差によるものです。

楽天カードは無職の方やフリーター、専業主婦でもカードを作れますが、信用力が低いため、初期の枠は5万円~10万円程度になります。

公務員や上場企業に勤めている人、医師などは信用力が高いため、初期から100万円の枠がつくことがあります。

平均的な信用力がある正社員のサラリーマンやOLなどは、初期の枠は30万円~50万円程度になることが多いです。

正社員として1年以上の勤続年数があり、楽天カードが始めてのクレジットカードであれば、初期の枠は30万円~50万円程度になると考えると良いでしょう

限度額200万でも設定できる人

楽天カードの初期のショッピング枠は最高で100万円ですが、最高300万円まで限度額を増やせます。

ただし、100万円を超える限度額を設定できるのは信用力が格段に高い人に限られており、年収700万円以上で、楽天カードの利用額が多いと100万円以上の増枠ができる可能性があります。

楽天カードの増枠は100万円までなら楽天e-NAVIの画面から申請できますが、100万円以上の増枠を希望する場合は、電話で交渉することが必要です。

楽天カードの限度額を上げるのに必要な期間

楽天カードのショッピング枠の限度額はいきなり上げることはできず、最低でもカードを作成後、半年が経過してからになります。

カードを作成直後に増枠ができない理由は、増枠ができるのは楽天カードの利用額が多い人に限られるからです。

楽天カードの限度額を上げるには楽天カードを積極的に使用することが必要で、増枠の審査では、カードの利用履歴が重視されます。

楽天カードをよく使う人はカード会社にとっては大事なお客さまになりますので、楽天カードを積極的に利用する人は増枠ができる可能性が高まります。

カードを作成後、1日でも早く増枠をするには、最初の半年間は公共料金などあらゆる支払いを楽天カードで行うことをおすすめします。

楽天カードの限度額は勝手に上がる?

楽天カードのショッピング枠の限度額は自動的に上がることがあります。カードを作成直後は10万円だった枠が、ある日突然、50万円に増枠になるようなことがあるわけです。

増枠になった場合はメールで通知が届きます。

楽天カードでは利用者の信用力を定期的にチェックしており、信用力が高いと判断された方だけが自動増枠されます。

楽天カードは自動増枠されやすく、最初の枠は10万円だったのに、翌年には30万円に自動増枠され、2年後には80万円に自動増枠されるようなケースもよくあります。

自動増枠されるようにするには、楽天カードを積極的に利用し、支払いの滞納や延滞をしないことが絶対条件です。

一度でも滞納や延滞をしてしまうと信用力が著しく低下しますので、支払いの滞納や延滞にはくれぐれもご注意ください。

楽天カードの枠を一時的に増額することは可能?

海外旅行や引っ越しなどで、まとまった金額の支出があり、ショッピング枠の限度額が不足する場合は、一時的に増枠して限度額を引き上げることが可能です

これを「一時増枠」といいますが、一時増枠はe-NAVIから申請することができます。

e-NAVIから一時増枠の申請をすると審査が行われ、審査に通ると通常の限度額が最高で2倍に増額されます。

2倍の一時増枠が認められると、通常のショッピング枠が30万円の場合だと枠は60万円になり、楽天カードを使って最高60万円までの買い物が一時的にできるようになります。

一時増枠の審査はそれほど厳しいものではなく、楽天カードの利用履歴があり、滞納や延滞をしていなければ、ほぼ大丈夫です。

楽天カードの枠に関するよくある疑問

楽天カードの枠に関することは楽天カードのサイトに書かれていますが、説明がわかりにくく、理解するのは容易ではありません。

ここでは、楽天カードの枠に関するよくある疑問を、例を交えてわかりやすく解説します。

楽天カードの枠を下げることはできる?

楽天カードのショッピング枠を下げることを「減枠」といいますが、減枠をすることは可能です

減枠はe-NAVIから申請することができ、10万円単位で減枠ができますショッピング枠が50万円だった場合、減枠をすると、枠を30万円に減らしたりすることが可能になります。

減枠を希望するのは、カードの使いすぎを心配したり、不正利用を防ぎたい人が多いです。

減枠をすることで、カードの使いすぎや不正利用の被害を防ぐことができ、安心して楽天カードを使えるようになります。

楽天カードは自動増枠されやすいカードですが、人によっては、勝手に増枠されるのを迷惑だと感じることがあります。

自動増枠を希望しない場合は、e-NAVIから申請すると、今後の自動増枠を拒否できます。

学生だと10万円までしか設定できないって本当?

楽天カードは学生でも作ることが可能ですが、学生の場合はショッピング枠の限度額は10万円に設定されます。

学生は毎月10万円を超えるような買い物をすることは少ないですし、収入も少ないこともあり、ショッピング枠の限度額は10万円になります。

社会人になると増枠することは可能ですが、学生は増枠することはできず、自動増枠されることもありません。

学生だけではなく、未成年者も増枠をすることができないため、18歳や19歳の社会人も増枠することはできません。

なお、学生が楽天カードを作った場合、利用できるのはショッピング枠だけであり、キャッシング枠は最初から0円になっています。

そのため、学生は楽天カードを使ってキャッシングすることはできません。

限度額をオーバーしてしまうとどうなる?

楽天カードを使って買い物をする場合、利用できるのは限度額が上限になります。

ショッピング枠の限度額が30万円の場合は、買い物で利用できるのは30万円までであり、30万円を1円でもオーバーしてしまうと利用できなくなります。

注意点として、限度額は1ヶ月間でリセットされるのではなく、利用金額の口座振替が行われ、そのデータが楽天カード会社に届いた時点で利用可能枠が回復します。

例えば、限度額が30万円で25万円を利用した場合だと、25万円の口座振替の処理が完全に終わるまでは、5万円しか利用できないことになります。

利用可能額がわからないと買い物をする際に不便ですが、利用可能額は楽天e-NAVIの「ご利用可能額の照会」から確認することができます。

楽天カードの枠を減額されたら回復する?

楽天カードは利用状況や信用力が高くなるとショッピング枠が自動増枠されることがありますが、信用力が低下すると、ショッピング枠が減枠されることがあります。

50万円のショッピング枠がある日突然、10万円に減枠されるようなことがあるわけです。

いきなり減枠されるのは、支払いの延滞や遅れがあったり、リボ払いや分割払いで限度額を目一杯まで使い切ったような時です。

信用力が低下すると減枠されるわけですが、支払いの延滞や遅れが原因で減枠された場合は、利用枠の復活は難しいです。

支払いの延滞や遅れがあると、信用情報の事故情報(ブラックリスト)に載りますので、5年間は利用枠の復活はできません。

リボ払いや分割払いで限度額を目一杯まで使い切ったことが原因で減枠された場合は、返済をきちんと続けていれば回復します。

楽天カードの限度額がリセット・更新されるのはどのタイミング?

楽天カードの限度額がリセット・更新されるのは、先に少し触れましたが、利用額の口座振替の処理が完了した時です。

楽天カードの利用額が口座から引き落とされるのは、翌月の27日になります。

例えば、ショッピング枠の限度額が50万円の楽天カードを使って、8月に30万円の買い物をした場合は、30万円が引き落とされるのは9月27日になります。

口座振替が行われる9月27日までは、限度額の50万円から8月分の利用額の30万円を差し引いた20万円が利用可能額になり、口座振替の処理が完全に完了した時点で利用可能枠が回復します。

注意点として、支払い口座が楽天銀行の場合だと、27日に口座振替の結果が反映されますが、楽天銀行以外の銀行だと、口座振替の結果が反映されるのは2~4営業日後になります。

楽天銀行以外の銀行を支払い口座にすると、利用可能枠の回復が少し遅れるため、楽天カードを申し込む際は、支払い口座を楽天銀行にすることをおすすめします。

楽天カードの枠に使用金額が反映されるのはいつ?

楽天カードのショッピング枠に利用金額が反映されるタイミングは、買い物をした店が請求処理をした時点です。

コンビニやスーパーマーケット、百貨店などは最新の端末を導入しているため、買い物をした時点で反映されますが、古い端末を使っている店だと、反映が遅れることがあります。

店によっては、買い物をしてから数ヶ月後に反映されるようなこともあります。

店が導入しているクレジットカード処理端末機はいろいろあるため、店によって利用額が反映されるタイミングはまちまちなのが現状です。

楽天カードの締日は当月末ですので、当月末までに利用明細に反映された分が翌月の27日に引き落とされることになります。

利用明細や利用可能額などは、楽天e-NAVIで確認できます。

楽天カードの枠を確認する方法は?

楽天カードの枠などの情報は全て、楽天e-NAVIで確認できます。

楽天e-NAVIはパソコンやスマホで利用することができ、外出先でも利用可能額などを確認できるので、安心して買い物ができます。

楽天e-NAVIは枠の確認はもちろん、増枠や減枠の申請、自動増枠の拒否など、ショッピング枠やキャッシング枠に関する全てのことを行うことが可能です。

楽天カードの枠に関することはコンタクトセンターに電話をすることでも確認できますが、電話をかけても繋がりにくく、通話料も有料ですので、楽天e-NAVIを使用する方が圧倒的に便利です。

どうしても、電話で確認したい場合は、平日の15時30分以降だと繋がりやすくなります。

楽天カードの枠は都度確認!超えないように注意して使用しよう

楽天カードはショッピング枠の限度額までしか利用できないので、限度額を超えないように使用することが大切です。

特に、リボ払いや分割払いを限度額まで目一杯使用すると、減枠されることがあるのでご注意ください。

楽天カードの枠の限度額を増やしたい場合は、楽天e-NAVIで増枠の申請をすると、増枠できることがあります。

また、楽天カードは信用力がアップすると自動増枠されやすく、カードを作ってから増枠したい方は、自動増枠されやすい楽天カードをおすすめします。

自動増枠されるには、楽天カードの利用履歴を増やして、支払いの遅延や延滞がないように注意することが必要です。

支払いの遅延や延滞があると増枠が不可能になりますので、くれぐれもご注意ください。