クレジットカードのキャッシング機能とは?具体的な使い方も紹介

クレジットカードには、普段料金の支払いに使うショッピング機能の他に、キャッシング機能がついています。

いざという時にATMなどからお金の借り入れができる非常に便利な機能ですが、仕組みがよく分からず使ったことがない方も多いのではないでしょうか。

今回は意外と知られていないクレジットカードのキャッシング機能について、使い方や手数料、おすすめのクレジットカードを紹介していきます。

キャッシング機能を使う予定がある方はもちろん、今後も使う予定はない方も知っておいて損はないので、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードのキャッシング機能とは

クレジットカードのキャッシング機能とは、クレジットカード会社から現金を借り入れる機能のことです。

現金のやりとりをせずに買い物ができるクレジットカードのショッピング機能に対し、、キャッシング機能は現金そのものを銀行やコンビニのATMで借りる機能です。

ショッピング機能で買い物できるのに、わざわざキャッシング機能を使う必要はあるのか、と思う方もいるかもしれませんが、キャッシング機能は現金でしか対応できない場面において非常に便利です。

例えば、クレジットカードの加盟店以外での買い物や、ご祝儀や香典など必ず現金が必要な場面でも、困らずに対応ができるのです。

クレジットカードのキャッシング枠っていくらぐらい?

クレジットカードのキャッシング機能には、ショッピング機能と同様に限度額(キャッシング枠)が設定されています。

各カード会社でクレジットカードを発行する際、ショッピング枠と合わせて申請でき、最初は5万〜20万円の枠がついていることが多いです

キャッシング枠を増やす or 減らすことはできるの?

キャッシング枠を設定した後に、「使ってみたら枠が足りないから増やしたい」「無駄遣いしないためにも枠を減らしたい」と考える方もいるでしょう。

そのような方のために各カード会社では、クレジットカード発行後にキャッシング枠の増額 or 減額の申請ができるようになっています

増額はカード会社の審査を受ける必要がありますが、30万円程度までの増額であれば問題なく審査に通るでしょう。

減額は審査不要のため、カード会社に連絡をすれば、すぐに対応してもらえます。

クレジットカードのキャッシング機能ってどうやって使うの?よくある質問まとめ

キャッシング機能については分かったものの、使い方が分からない方もいるかと思います。

そこで、ここからはキャッシング機能の使い方をはじめ、審査基準や返済方法など、キャッシング機能に関する質問について答えていきます。

クレジットカードのキャッシング審査は厳しい?審査基準と審査期間

キャッシング審査でチェックする項目は、主に収入や勤務先などの「属性審査」とローンやクレジットカードの利用履歴の「信用情報審査」に分かれています。

その中で特に重要視される項目は以下の4つです。

  • 年収・・・高ければ高いほど有利
  • 勤続年数・・・1年未満だと審査に通りにくい
  • 勤務形態・・・正社員>契約社員>派遣社員>パート・アルバイトの順で審査が有利に
  • 信用情報機関への照会・・・現在の借入状況、返済遅延の有無などを確認

年収、勤続年数、勤務形態はすぐに変えることは難しいですが、借入状況は着実に返済していけば改善できるので、申し込み前に少しでも返済をしておくと良いでしょう。

クレジットカードのキャッシングは即日審査通ることはある?

カード会社はお金を貸す以上、申込者にきちんと返済能力が備わっているかを確認しなければならないため、慎重に審査を行います。

この理由から、キャッシングの審査は申し込みから結果が出るまで7営業日程度かかり、即日で審査に通ることはまずありえません。

一部のカード会社では、7営業日以内にキャッシングを使えるようになる場合もありますが、ほとんどの場合は1週間以上はかかると考えておいた方が良いでしょう。

一方、クレジットカード発行時に予めキャッシング枠をつけておけば、お金が必要になった時にコンビニや銀行のATMで即座にお金を借りることは可能です。

今後利用する予定のある方は、早めにキャッシング枠の申し込みをしておくと良いでしょう。

クレジットカードのキャッシング機能は海外でも利用できるの?

キャッシング機能は日本国内での利用だけでなく、海外のATMで現地通貨を借りることも可能です。

使い方は日本のATMとほとんど同じで、最近は日本語対応のATMもあるので安心して使うことができます。

銀行や空港での両替に比べて手数料も安く済むので、海外で現金が必要な場合はキャッシング機能を使うと良いでしょう。

参考:手数料の比較(10万円分両替する場合)
手数料その他費用合計
銀行や空港での両替約3,000円約3,000円
キャッシング493円(10日後に返済の場合)ATM利用手数料200円693円

クレジットカードのキャッシング返済方法は?

キャッシングの返済方法はカード会社やカードの種類によって異なりますが、「口座引き落としでの返済」「ATM・インターネットでの返済」の2つの方法があります

口座引き落としでの返済は、各カード会社ごとに定められた引き落とし日に銀行口座から代金を支払うものです。

ATM・インターネットでの返済は、コンビニや銀行のATM、インターネットバンキングなどで利用額を支払うもので、引き落とし日より前の支払いも可能です。

口座引き落としでの返済とATM・インターネットでの返済はどちらがいいの?

キャッシングの返済方法は、「ATM・インターネットでの返済」を強くおすすめします

口座引き落としではなく、ATM・インターネットでの返済をおすすめする理由は、「返済額の計算方法」が大きく関係しています。

キャッシングの返済時は、借りた金額+金利を日割り計算した額(利息)を支払うことになるため、借りている期間が長いほど返済額が増えていきます。

締め日から引き落とし日までの期間も利息が日割りで加算されるため、借りた日によっては利息だけで相当な額を払うことになってしまいます。

一方、ATM・インターネットでの返済の場合は、手元にお金があれば返済日を口座引き落としより早められるので、支払う利息を最小限に抑えることが可能です。

クレジットカードのキャッシングはコンビニでもできる?

銀行やカード会社のATMだけでなく、コンビニのATMでもキャッシング機能を使ってお金を借りることが可能です

やり方も非常に簡単で、以下の7つの操作で借り入れができます。

  1. ATMにクレジットカードを挿入
  2. ご出金(借入)ボタンをタッチ
  3. 暗証番号を入力
  4. 借り入れ金額を入力
  5. 返済方法を選択
  6. 取引内容の確認
  7. 確認ボタンをタッチ

全国展開しているコンビニ(セブン・イレブン、ローソン、ファミリーマート等)であれば、ほぼ全てのクレジットカードでキャッシング機能が使えるので、急な出費にも即座に対応できます。

キャッシングの審査に通りやすいおすすめのカードを紹介!

キャッシング機能について知ることはできたけれど、どのクレジットカードにすれば良いか分からない、審査に通らなかったらどうしよう、と悩む方もいるでしょう。

そこでキャッシングの審査に通りやすいクレジットカードを4種類紹介します。カードごとの特徴も合わせて紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

アコム ACマスターカード

アコムACマスターカード

  • 年会費:無料
  • 利率:18%
  • キャッシング限度額:〜800万円

大手消費者金融のアコムが発行する「アコムACマスターカード」は、キャッシング機能の使い勝手ではトップクラスのクレジットカードです。

消費者金融が発行していることもあり、限度額は最高800万円とクレジットカードの中でも非常に高く設定されています

オンラインでカードを申し込めば最短1時間で発行できる点も、おすすめの理由です。

カードを受け取るアコムの自動契約機は駅前に多く設置されているので、受け取りも簡単なクレジットカードといえるでしょう。

エポスカード

エポスカード

  • 年会費:無料
  • 利率:18%
  • キャッシング限度額:〜50万円

「エポスカード」は、大手百貨店のマルイグループが発行するクレジットカードです。

キャッシング限度額は最高50万円とそれほど多くはないのですが、エポスカードには初回30日間はキャッシングの金利が0円になる特典がついています。

30日以内に返済すれば、金利が無料となるので短期間の借入の場合は無駄な金利を払わずにお金を借りられます。

オンラインで申し込み、マルイのカードカウンターで受け取れば即日発行も可能なので、すぐにキャッシングを使いたい方におすすめのクレジットカードです。

ライフカード

ライフカードCh

  • 年会費:無料
  • 利率:15%〜18%
  • キャッシング限度額:〜200万円

「ライフカード」は大手消費者金融アイフルの子会社が発行するクレジットカードです。

ライフカードはキャッシング限度額が高く設定されているほか、キャッシングの利用方法が多く用意されているという特徴があります。

ATMでの借入に加え、会員用サービス「LIFE-Web Desk」から申し込むオンラインキャッシング、インフォメーションセンターに電話して申し込むテレフォンキャッシングという方法もあります。

オンラインキャッシングとテレフォンキャッシングでは登録口座に振り込まれるため、ATMでの借入と比べ多少時間はかかってしまいますが、手数料が無料なのでその分お得にキャッシングが利用できます。

楽天カード

  • 年会費:無料
  • 利率:18%
  • キャッシング限度額:〜50万円

大手ネットショッピングサイトを運営する楽天が発行する「楽天カード」も、キャッシングにおすすめのクレジットカードです。

IT系クレジットカードということもあり、あまり審査が厳しくなく発行しやすいクレジットカードといえるでしょう。

キャッシング限度額は50万円と他のクレジットカードに比べて少なめですが、楽天市場や楽天トラベルなどの支払いに使用することでお得にポイントを貯められます。

キャッシングだけでなくショッピングでもお得にクレジットカードを使いたい方におすすめの1枚です。

クレジットカードのキャッシング以外にお金を用意する方法

キャッシング機能を使えば簡単にお金を借りられますが、実はそれ以外にも短時間でお金を用意する方法は存在します

すぐに現金必要なのに既にキャッシング枠の上限まで借りている方や、金利や手数料が高いから使いたくない、という方に向けてキャッシングを使わずにお金を用意する方法を3つ紹介します。

不要になったものを売る

読まなくなった本や着なくなった服などの不用品を売ることで簡単にお金を手に入れられます。

方法は「店舗持ち込み」と「インターネットで売却」の大きく2つがあり、今すぐにお金が必要な場合は、ブックオフや中古買取店に不用品をまとめて持っていけば、ある程度の現金は手にできるでしょう。

お金が必要なタイミングまで時間がある時は、Yahoo!オークションやメルカリで相場を見ながら価格設定をしてみると良いでしょう。

クレジットカードの現金化を行う

クレジットカードのショッピング枠が残っていれば、「クレジットカードの現金化」でお金を用意することもできます。

通常、クレジットカードのショッピング枠をそのまま現金として引き出すことはできません。

クレジットカードの現金化をしている業者に連絡をして、指定された商品をクレジットカードで購入すると、購入した商品の金額に応じて指定の口座に現金が振り込まれます。

かかる時間は10〜15分程度で今すぐお金が必要な場合に使える方法ですが、手数料が引かれるため購入した商品分の金額は受け取れない点には注意が必要です。

また、クレジットカードの現金化は法律的に違法ではありませんが、クレジットカード会社の規約では現金化を目的とした利用を禁止しているので、この方法は取らない方が良いでしょう。

身内や知人に借りる

お金を用意するのに、最も手っ取り早いのは身内や知人に借りることです。

お金を借りる身内や知人と親しい関係にあり、正当な理由があればお金を貸してくれるのではないでしょうか。

ただ信頼関係を壊す可能性もあるので、決めた期限までに必ずお金は返しましょう。

まとめ

クレジットカードのキャッシング機能は、簡単な手続きでお金を借りられるので急にまとまった現金が必要な時に便利な機能です。

簡単にお金が借りられる一方、高い金利がついてしまうので考えなしにキャッシングを利用するのは非常に危険です。

キャッシングはあくまで一時的に利用するものと考え、できるだけ早い返済を心がけて上手にキャッシング機能を活用していきましょう。